教育・学修支援

総合学域群の方々へ

知識情報・図書館学類の最大の魅力は、総合学域群でどのような学びをしても受け入れることができるという点です。どんな学びをしても学類の専門を深める上で必ずプラスになります。全学でも最大の45人を受け入れ、移行のための応募要件はありません。情報学は大きな広がりを持つ学問で様々な切り取り方が可能ですが、なかでも知識情報・図書館学類は広い領域をカバーします。総合学域群ではどうぞ安心して興味の赴くまま学んできてください。

受入定員とこれまでの実績については「総合学域群からの移行」のページをご覧ください。

お知らせ

更新日 内容
2022.07.07 9月6日(火)に実施される「夏季ガイダンスメイン(クロージング)ミーティング」にて学類の学生(移行学生および4年生)に質問できる場を提供する予定です.

1年次に取得が推奨される科目

知識情報・図書館学類に移行する際に単位取得していなければならない科目はありません。
知識情報・図書館学類の1年次必修科目のうち、

  • 知識情報概論
  • プログラミング入門A
  • プログラミング入門B
  • 情報数学A

は総合学域群1年生のうちに履修しておくことが望ましいですが、移行後(2年生になってから)履修しても構いません。

主専攻への配属

3年次から「知識科学主専攻」「知識情報システム主専攻」「情報資源経営主専攻」という3つの主専攻のいずれかに属し、専門科目を学びます。主専攻については「知識情報・図書館学類が目指すもの」のページを参照ください。主専攻への配属は、2年次末の2月上旬から3月上旬に希望調査を行い、GPAの高得点順に第1希望の主専攻に配属されます。

資格等

知識情報・図書館学類では、司書と司書教諭の資格が取得できます。司書資格に必要な科目は学類の科目を学ぶ過程で無理なく修得できます。そのほか、テクニカルコミュニケーター協会が定めた科目を修得することで、テクニカルコミュニケーター専門課程の修了認定が受けられます。詳細はシラバスの「履修のてびき」中「司書資格」、ならびに、「テクニカルコミュニケーター専門課程」を参照ください。

留学・海外研修

知識情報・図書館学類では、「国際インターンシップ」という科目のほか、「図書館情報学海外研修助成」や「図書館情報学3/4+2共同教育プログラム」を利用することにより、海外で学ぶことができます。

進路

卒業後は、研究者や大学教員を目指してより深い学びを行う大学院進学と、知識や情報に関連した企業への就職があります。進学は15~25%、公務員・図書館への就職は15~25%、企業への就職は50~65%です。詳細は「進路・就職」のページを参照ください。

ページ先頭へ戻る