最高スライドバトル‐ゼロから始めるスライド作り‐ 開催のお知らせ

こんにちは、知識B4の鈴木です。
KLCの夏のイベントとして、「最高スライドバトル‐ゼロから始めるスライド作り‐」を、最高プレゼンライブさんと共同開催することになりました。
8月2日(水)5限(15:15~)から開催する予定ですのでそのお知らせを致します。

<最高スライドバトルとは?>
スライド作成スキルは、卒研や就活など様々な場面で求められますが、普段の学生生活の中でスキルアップが図れる機会は少ないという問題があります。そこで、自分のスライドには何が足りないか、どうやったら「良いスライド」になるかを見つけてもらうきっかけとして、「良いスライド」を見てもらうこと、すなわち「スライド」に主軸を置いたプレゼンバトルを行おうということになりました。

1.スライド作成を得意とする学生2名・教員1名によるプレゼンテーション対決
  運営が用意した課題スライドを改善してもらい、そのクオリティで勝負する、スライド添削対決です。
  審査員(観客)はスライドの質に重きを置いた評価を行います。
2.フリートーク
  プレゼン終了後に、出場者それぞれがスライド作成でこだわったポイントなどを話し合うフリートークを行います。

<本イベントの概要>
日時:8月2日(水)5限から(15:15~)
場所:図書図書館1F コミュニケーションスペース(KLC裏)
参加者:
 ≪教員≫ 若林先生
 ≪学生≫ 最高プレゼンライブ代表 
       メディア創成学類 有友
      KLC代表 
       知識情報・図書館学類 鈴木

<本イベントの特徴>
・「スライドバトル」では、話し方・発表より、プレゼン資料であるスライドに重きを置いています
・チャンプスライドを決めるのは観客の皆さんの1票です。

<スケジュール>
1. スライドバトル
 ・スライド作成を得意とする学生2名・教員1名によるプレゼンテーション対決
 ・運営が用意した課題スライドを自由に改善してもらう、スライド添削対決を行う。
 ・プレゼン5分、質疑応答2分の合計7分間を1人の持ち時間とする。
 ・課題スライドの改善に基本的には制限はなく、話の大筋が逸れなければ可である。

2. フリートーク
  出場者それぞれがスライド作成でこだわったポイントなどを話し合う

学年・学類問わず、ぜひ奮ってご参加下さい。

(文責:鈴木)

5月23日の業務報告

こんばんは、知識B3の伊藤です。
本日の質問はありませんでした。

やど祭前だからなのか、KLCもだいぶ空いていました。
準備で忙しい人も、情報基礎実習の課題が無いからゆっくりしている人もいるとは思いますが、せっかくの機会なので楽しんでいきましょう。

(文責:伊藤)

ビブリオバトル開催のお知らせ

KLCの今年最初のイベントとして「ビブリオバトル」を2月1日(水)5限(15:15~)から開催する予定ですのでそのお知らせを致します。

<ビブリオバトルとは?>
1. 参加者が面白いと思った本を持ち寄って、5分程度でその本の発表を行います(質疑応答の時間も含める)
2. 全ての発表が終了したら、観客に一番興味を持った本の発表者へ投票してもらい順位を競います

<本イベントの概要>
日時:2月1日(水)5限から(15:15~)
場所:図書図書館KLC裏コミュニケーションスペース
参加者:
 <教員>
   ・宇陀則彦先生
   ・松林麻実子先生
   ・松本浩一先生
   ・池内淳先生
 <学生>
   只今、募集中!!

<本イベントの特徴>
・本のジャンルに縛りはありません。もちろんコミックもOKです!
・チャンプ本を決めるのは観客の皆さんの1票です。

<スケジュール>
1. 学生代表決定戦
 学生同士でビブリオバトルを行い、学生代表を選出してもらいます。
2. 教員代表決定戦
 教員同士でビブリオバトルを行い、教員代表を選出してもらいます。
3. 決勝戦
 学生代表と教員代表と初代王者の池内先生によるビブリオバトル決勝戦をしてもらいます。

スケジュール内の時間配分は参加人数が確定し次第お知らせいたします。
ビブリオバトラーとしての参加者登録は以下のリンクから行えます。
ぜひご参加下さい。

<ビブリオバトラー参加登録>
https://goo.gl/forms/SLUAHi9k8GlBEH3I3

研究室相談会2016のお知らせ

こんにちは、B3の鈴木です。
今年も研究室相談会を開催できる運びとなりましたのでお知らせいたします。

10月17日(水)の18:15〜20:00に行います。詳しい要綱は以下です。
———————————————————————————————-
<日時>10月17日(水)18:15~20:00
<場所>図書館情報学図書館1F内 コミュニケーションスペース
<内容>ゼミ生による研究室紹介・個別相談(研究室ごとにブースを設置)
<参加予定研究室(出身主専攻)>
 逸村研(資源)/白井研(資源)/松村研(資源)/原研(資源)/関研(科学・システム)/佐藤研(科学)
———————————————————————————————-
参加する前に方針一覧や過去の卒業論文に目を通しておくと、相談員の先輩方との話がしやすいかと思います。
平成29年度卒業研究指導方針一覧(http://klis.tsukuba.ac.jp/education_policy2017.html)

個別面談解禁日、主専攻実習での研究室紹介のすぐあとの開催となりますので、面談に行く前に先輩方に相談ができるチャンスです!
普段なかなか知ることのできない、研究室の様子や研究内容を先輩の口から直接聞くことのできる貴重な機会ですので、ぜひ奮ってご参加ください!

主な対象である3年生だけでなく、主専攻選択に悩む1,2年生の参加も大歓迎です。
皆さんのお越しをお待ちしております。

(文責:鈴木)

教員ビブリオバトル開催

こんにちは、B3の鈴木です。

この度、春日ラーニングコモンズ(KLC)主催のイベントとして、教員ビブリオバトルを開催することになりました。

ビブリオバトルとは、「ビブリオバトラー」と呼ばれる発表者たちが、おもしろいと思う本の魅力を5分間で紹介し合い、「 読みたくなった」と思った聴衆の投票数で勝敗が決まるコミュニケーションゲームです。
「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっています。

教員ビブリオバトルでは、ビブリオバトラーとして4人の先生方が登場し、公式ルールに則って、熱い戦いを繰り広げます。

公式ルール
 1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
 2.順番に一人5分間で本を紹介する.
 3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
 4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

参考:ビブリオバトル首都決戦2013 公式ルール(http://shuto.bibliobattle.jp/biburiobatoru-gong-shiruru)

詳しい予定は以下の通りです。
========================================
日時:7月8日(金)16:00~
場所:図書館情報学図書館1F コミュニティスペース(裏KLC)

内容:知識情報・図書館学類の教員による、ビブリオバトル
・ビブリオバトラー:吉田先生、手塚先生、宇陀先生、池内先生
・司会:逸村先生
========================================

当日会場にお越し頂けない方も、配信でビブリオバトルの様子を見ることが出来ます。
・Ustreamチャンネル KLC_event
 http://www.ustream.tv/channel/fPhXGEVDCM9

また、チャンプ本を決めるための投票は、会場にいる方のみが対象となります。
Ustreamで視聴されている方には、別途アンケートのご協力をお願いする予定です。

時間中は出入り自由なので、ぜひお気軽に足をはこんでください。
お待ちしています。

(文責:鈴木)