1月27日の業務報告

こんばんは。B2の野沢です。
同級生はみんなレポートが大変そうです…

本日の質問と回答です。
======================
<統計>
Q1. レポートをチェックしてほしい。
A1. 帰無仮説と対立仮説が反対になっていたので、そこを指摘しました。

Q2.独立性の検定においてあるセルの値が5未満のとき、適合度の検定のように組み合わせて5以上にする必要はあるか。
A2. 教科書をみながら、必要がないことを確認しました。

回答 Q1-Q2:古澤
=======================

知識情報演習ⅢのPerlはどうでしょか。Rubyに比べてメソッドが少ないので不便に感じます… Rubyと似た構文やメソッドがPerlにはいくつかあるのでRubyでどういう処理をするかを考えてからPerlでどう実装するかを考えると書きやすいかもしれません。(私はそうしています。)
あと、インフルエンザが流行しているようです。学期末で体調を崩しやすくなると思うので、お気をつけ下さい。

(文責:野沢)

<2014/01/28追記(by 古澤)>
Q2.にて「必要はない」と答えておりますが、実測値が5未満のセルであっても構わないというだけで、理論値に関しては、適合度の検定・独立性の検定どちらにしても5未満のセルがある場合はセルの併合を行うべきです。上記回答の記述が誤解を生んでしまうことを避けるために追記を行いました。
なお、質問者には翌日に訂正のメールを送りました。