6/10の業務報告

こんにちは、図書館情報メディア研究科の平山陽菜です。
今日の日誌は最近手に入れたiPad2から書いています。
動作も早いし、軽いし、入力も快適だし、何よりチューターで画面を見せながら説明するのにとても便利です。
携帯コンピューターとしてはかなり満足度の高い製品に仕上がっており、
しみじみと情報技術の発達はすごいなあと思うのでした。
以下は今日の質問です。
———–
Q1. <知識情報演習>
知識情報演習1の演習問題で、「.htaccess」というファイルに読み出し許可を出したいが方法がわからない
A1.
Linuxのコマンドを実行するときに何を使ったか確認してもらい、そのとき使ったものでパーミションの指定をして下さい、と答えました。
Q2. <情報基礎実習>
課題で使う,「画面のハードコピー」が何か分からない
A2.
一緒にプリントを見て,画面のコピーとは,Windows画面のハードコピーのことである,と判断しました.さらに,Windows画面が何を指すのか(デスクトップ画面以外も指すのか)については,その場では分からなかったため,授業担当教員に確認し,後日連絡することにしました.課題に用いる「Windows画面」は,デスクトップの画面を使えば問題ないです,と答えました.
Q3. <情報基礎実習>
プリントに,4つの画像に対応したアプリケーションが起動する.とあるのだが,どの画像をクリックしてもペイントが起動してしまう.どうしたらペイントを終わらせることができるのか.
A3.
ペイントも,それぞれの画像の形式に対応したアプリケーションなので,ペイントが起動することは問題ありません.他のアプリケーションを起動させたい場合は,ファイルを右クリックし,「プログラムから開く」で起動させたいアプリケーションを選択すればOKです.
Q4. <情報基礎実習>
画像を編集する課題プリントにある手順通りに作業すると,画像が反転したままになってしまうが,これでいいのか.
A4.
課題内容が,「画像の一部を取り出す」なので,反転したままでは良くないと思います,と答えた.更にプリントを一緒に見てみると,「以下の作業を組み合わせて」とあったので,そこに書いてある順番通りに作業する必要はなく,反転する作業を2回行い,元の状態に戻したらいいと思います,と答えました.
Q5. <情報基礎実習>
画面のハードコピーの取り方が説明されているが,イメージができない.
A5.
一緒にプリントにある作業手順に沿ってやってみました.
Q6. <情報基礎実習>
レポートの「3.1対象」に書く内容はこれ(画像ファイル名3つと画像形式名4つが書いてあった)でいいのか
A6.
まず,実験的なレポート」を書く際には,実験の対象と方法を書きます.そのため,3.1対象という項目が設定されています.具体的な内容としては,見せてくれた内容でいいと思います.と答えました.更に課題を見たところ,画像ファイルを対象とした実験と,画像形式を対象とした調査ことを行うことになると思うので,それぞれを区別できるようにした方がいいと思います,と答えました.すると,質問者が自分で,A.画像ファイル名3つ,B.画像形式名4つ と書くことにする,と解決策を見つけました.
Q7.<情報基礎実習>
レポートを書くWordファイルがあるのだが,そのファイルでは本文のフォントにゴシックが使ってあり,また文字の大きさが9ポイントである.これは明朝体と,10.5ポイントに直してもいいのか.
A7.
本文が9ポイントだとやはり見づらいですし,直していいと思います.と答えました.
(Q1:鈴木、Q2~Q7:安永)
—————-
ではでは!

6/6の業務報告

こんばんは、4年の梶浦です。
今日はとても暑いですね。
そんな太陽が照りつける中、今日のチューターミーティングは外で実施しました。
このままでは熱中症になる!(そこまではいきませんがあまりにも暑い)ということで、
次回からは食堂で行おうとチューター間で決めました。
それでは今日の質問内容を報告します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q1.<情報基礎実習>
第6回課題の意味が分からない。また「3.論述の骨子・枠組み」とは具体的にどう書けばよいのか
A1.
課題は「配布された新聞記事に関する雑誌論文を5つあげる」と「配布された新聞記事の最後の部分「どのような未来を望むのか」についてのあなたの考えを、文献を二つ以上参照して述べなさい」の二種類に分かれていると思います。論文の骨子は後者を課題をするとき、書きたい内容(意見や引用箇所など)を、どんな順番で紹介するか、ある章にはどんな内容を含めるか整理したものを書くと回答。
Q2.
文献を検索すると、英語のも出てくるが、それも書くのか
A2.
タイトルの下に書いてある英語のタイトルの事ですか?と訊いたところその通りだと言われ、では授業でなにか言われなかったか、テキストに書いていないか、もしくはSIST02を確かめたか、と訊いたところ、SIST02に「副書名」とあり、それが英語のタイトルに該当するのではないかと言われたので、副書名はいわゆるサブタイトルにあたり、日本語のタイトルを英語にしただけのものは副書名には当たらないと回答。
Q3.
第6回レポート課題の「論文の骨子」とは具体的にどのように書けば良いのか
A3.
この課題は、自分が書きたい内容を整理してから文章を書いて下さい、というもの。文献にもいろいろなことが書いてあるし、自分の意見もいくつも浮かぶと思います。それをどういう順番で、どの部分にどの内容をかくか、を整理したものを書けば良い、と回答。
Q4.
キーワード一つだけ入力しても検索式と言えるか
A4.
ひとつのキーワードだけで検索すると考えれば、言えるとおもいますと回答。
Q5.<知識情報演習>
SQLコマンドが動かない
A5.
SQLコマンドを実行するテーブルの名前の指定が、自分が作ったテーブルではなく、テキストに書いてある例文をそのまま入力していたので、そこを指摘し、一つ一つの構文の意味を考えながら実行して下さいと回答。
Q6.<情報基礎実習>
SIST02での書誌事項の記入の仕方について。CiNiiで調べた結果表示された書誌事項をそのまま書けばいいのか。メモしてきた書誌事項のうち、「34」という数字は何を表しているのか。
A6.
メモを見せてもらったところ、他大学の紀要の書誌事項だったので、「34」という数字はおそらく号数であるが、一応自分で確認するように伝えました。また、他の項目についても、どの項目が何を表しているのかを説明しました。
Q7.
「検索式」とはどのようなものなのか
A7.
キーワードを並べただけのものでも検索式と呼ぶ事はできるし、著者名や雑誌名などのフィールドを指定した物も検索式と呼ぶ。自分が検索をかけるときに何を入力して検索したか、を書けばいいのでは、と回答しました。
Q8.
SIST02での書誌事項の記入の仕方は、媒体の種類によってさまざまだが、どれを使えばいいのかわからない。
A8.
CiNiiで調べられるものは基本的に雑誌論文なので、雑誌論文の書誌事項の書き方を参考にすること、また、CiNiiで本文を見ることができず、別のところでみた場合でも、同一の文献である場合には雑誌論文として書誌事項を記述すればいい、と回答しました。
Q9.
「論述する内容の骨子・枠組みを箇条書きにする」という課題がよくわからない。
A9.
たとえば、序論・本論・結論という組み立てで論述を行う際に、具体的に何を論じていきたいのか、それを論じるためにはどんな説明などが必要か、というのを箇条書きにせよ、という意味なのではないか、と回答しました。
Q10.
CiNiiでの検索結果の書誌事項に、恐らく巻号が「53(6)」と書かれていたが、これはどちらが巻数でどちらが号数なのか。
A10.
基本的に、巻号が両方あるものについては、巻数=○○年に発行したもの、号数=××月に発行したもの、という意味で使われることが多い、と説明し、この場合は「53」を巻数、「6」を号数と考えて書誌事項を記述すればいいのではないか、と回答しました。
Q11.
検索キーワードや検索式にどんな言葉を使えばいいのかわからない。
A11.
課題で読むように指定されていた記事をもう一度読み、その記事の中で何度も使われている言葉や、その記事のキーワードとなるような言葉を自分で探し、それを検索に使えばいいのではないか、と回答しました。また、一度それで検索をかけた後、検索結果の文献に関連付けられているキーワードを利用して再検索をかけることを勧めました。
Q12.
データの一括登録ができない。
A12.
実際に画面を見せてもらったところ、実際のファイル名と、コマンドで入力したファイル名とが食い違っているためのようだったので、それを指摘しました。
Q13.
文献を読んでいたところ、「○○の特徴」という言葉の直後に引用を示す表記があったが、これはその言葉だけ引用したということなのか。
A13.
文献をみせてもらったところ、その文献については、「××の資料による」という表記の仕方になっていたため、その言葉は引用し、その言葉の中身(つまり特徴の細かい内容)については、元の資料とは表現を変えて記述しているため、このような表記の仕方になっているのだろう、と回答しました。
Q14.
参照日時とは、webを用いて検索した全ての資料について書かなければならないのか。
A14.
参照日時を記述するのは、yahoo!のニュースなどは、1か月前の記事が見られなくなるなどのことがあり、あるURLにおかれていたファイルが常に全く同じ内容であったり、そのファイルが常に存在しているとは言えないためであると説明し、webを用いて検索した資料でも、雑誌論文などに関しては不要であるということを話しました。
Q15.
SIST02で記述する際に、巻号はどのように記述するのか。
A15.
巻は「Vol.」(Volumeの略)、号は「No.」(Numberの略)と記述することが多いと説明し、SIST02の説明ページに実例が載っているため、それを確認するようにと回答しました。
Q16.
「論述する内容の骨子・枠組みを箇条書きにする」という課題で、実際に箇条書きにしてみたが、これでいいのか。
A16.
自分が箇条書きした内容で、1500字以上論述できるかどうかをまず考え、これだけでは論述できない、と思ったのであれば、もう少し具体的な内容を書き足した方がいいのではないか、と回答しました。
Q17.
データの一括登録ができない。
A17.
2列のデータを3列のテーブルに登録しようとしていたためにエラーが起きていました。エラーメッセージの内容の説明をしました。その結果、対処できたようだったので、書き直したデータがきちんと登録できているかどうかの確認も行うよう、勧めました。
Q18.
「ITで裸にされる『あなた』」という記事に関する考えを述べる課題において、まずCiNiiで6件関連記事を探したが、「どのような未来を望むのか」という点を論じる際に必要になる文献はそれと重複しても良いのでしょうか。
A18.
特にそれに関しては課題文に記述がないので、重複しても大丈夫だと回答しました。
Q19.
同課題の「探索戦略」の「出版年」について、出版年は過去5年に限定するということで良いのでしょうか。
A19.
過去5年で良い、しかし、なるべく最新の文献を参照した方が良いと回答しました。
Q20.
同課題の論述する際に必要な箇条書きについて、まずは記事の要約を箇条書きし、その次に自分の考えを箇条書きにする、という方法で大丈夫でしょうか。
A20.
その通り、最初に記事の箇条書きがある方が丁寧だと回答しました。
Q21.
あまり小論文を書いたことが無いので論述の方法が分かりません。どのように書いたら良いのでしょうか。
A21.
一段落目に最終的に主張したい自分の考え(結論)を論じ、その論拠をニ段落目から述べると小論文らしくなります、と回答しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は沢山の質問がありました。
いつも多くの方々に利用して頂きありがとうございます。
これからもKLCを有効活用して課題を乗り越えて下さい!!
(文責:梶浦)

全学計算機の利用が多い日でした

三津石です。
夏のような暑さの一日でした。
冬は寒かった KLC ですので、今日は居心地がいいかと思ったら意外と蒸し暑かったのでした。
【対応した質問】
・知識情報演習の課題について質問
→参考図書の提示、レポートのポイント・見方についてのアドバイスを行いました。
・研究室での発表について相談
→やったこと、やっていないこと、やるべきことを発表するように提案しました。
・pingpong アプリについて

パスファインダーについてのアイディアを頂きました。
・大学への意見(文句)の伝え方パスファインダー
・学内の主要な学生団体のパスファインダー

いつのまにやらこんな時間です

はっきりしないお天気でしたね。
4年次さわきです。
今日の質問etcはこんな感じでした↓
・机貸してください。
→お気軽にどうぞ!
・iPod touch 貸してください。
→pingpong プロジェクト参加者のための iPod touch 貸出を行いました。
借用書、毎回これだけの記入は若干手間かも…、との感想をいただきました。たしかに項目多いかも…。
(これ、借用書の記入見本を用意した方がいいかもしれませんね…ということで、一応用意してみました)
・レポートのテーマ、何がいいか迷ってます。
→百科事典で気になる単語を調べてテーマにしてみては如何でしょう?
・抄録が何のことかわかりません。
→実例を見せて説明しました。
・「自分の意見」は何も参考にしない方がいいですか?
→コピペじゃなければ大丈夫ですよ!
個人的な感想ですが、iPod touch、貸出するときに可能ならばアプリの説明もちらっとしてからの方がいいのかもなー、とちょっと思いました。
(そしたらワークショップ前でも遊べるし!)
というわけで、ぜひ、チューターも積極的にアプリで遊んでみましょうw
(最後に終わるときはついったー垢&パスワード入力画面を空欄にすることをお忘れなく!)