6月16日の業務報告

こんばんは、知識B3の宍倉です。
本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<履修相談>
Q1:2年次の履修を組まなくてはならなくなったが、どれを取ればよいのか、よくわからない
A1:シラバスを一緒に見ながら、基本的には時間割通りに組めばよいこと、専門基礎科目の選択科目に注意することとアドバイスしました。

<情報検索システム>
Q2:コサイン類似度とベクトル空間モデルについて教えて欲しい.ユークリッド距離とはなにか.計算問題の方法を確認したい.
A2:ユークリッド距離を説明したあと,なぜコサイン類似度を用いるのかの説明を加えて計算方法を確認しました.idfの計算についてlogの中が1だと0になるので全文書に出現する単語のidfは0になるということを,logを用いる効果と合わせて解説しました.実際の内積計算において,クエリベクトルに現れない単語には0を割り振ると計算ミスしにくいとアドバイスしました.
Q3:wilcoxonの検定の方法を教えて欲しい.
A3:スコア差の絶対値を取り昇順に順位付けしたものに符号をつけたものが符号付き順位で,その総和がw値になることを説明しました.そして,検定表を用いて有意水準と比較するということを説明しました.
=======================

春ABモジュールもラストスパートですね.僕は春Cに授業を取っていないので,3ヶ月の長期休みでうきうきです.

一年生の皆さんはプログラミングの演習講義がスタートしますね.僕は大学に入って初めてプログラムを書きました.
この学類にはそういう人も多いと思います.ぜひ苦手意識を持たずに頑張りましょう.
KLCのチューターもみなさんの学習の助けになるよう今後も業務に取り組みたいと思います.

(文責:宍倉)