5月17日の業務報告

こんばんは、B3の鈴木です。

本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<情報基礎実習>
Q1:情報基礎実習第4回の演習1で、網羅的な書誌とあるが網羅的な書誌とは何かが分からない。
A1:今まで作ってあった表を確認したところ、項目の設定があまり適切でないと感じたため、一緒に網羅的な書誌に適切な項目は何かについて考えました。

Q3:情報基礎実習4回目の課題でアクセスポイントはどの範囲まで記述すればよいか、また、SIST02で記述した書誌要素が同じになったがどう比較すればよいのか。
A3:記述してあったアクセスポイント1つ1つに対して検索しながら一緒に考えました。また、比較の問題ではSIST02の記述だけではなく検索結果全体を比較すればよいのではないのか、といったことを提案しました。

Q4:「網羅的な」書誌というのは、選択した著者の本を複数挙げるということなのか、1つの図書の書誌事項をすべて記せということなのか
A4:「網羅的」という意味を一緒に調べたところ、”それに関係するすべてを残らず収集すること”であることが分かり、”選択した著者の本を残らずすべて列挙せよ”という意味で使われていることを確認しました。

Q5:【演習1】の「どのような手順で探索するか」について、この探索とは、実際にその図書を手に入れるまでの探索方法のこと(例えばTulipsで所蔵検索をして図書館で借りる等)なのか。
A5:問題文を確認したところ、この課題は図書の「書誌」を列挙するものであることを確認しました。そのため、実際に図書を入手するときの手順ではなく、「書誌」を得るために探索した手順を示す必要があります。

Q6:【演習2】において、答えを「列記せよ」とあるが、どのように書いたら良いのか
A6:「列記」という意味を一緒に調べ、「並べて書き記す」という意味であることを確認したので、そのように書けばよいとアドバイスしました

Q7:指定された文献内にILL実績の項目が見当たらない
A7:ILLとは何かを調べ、一緒に確認しました。
(参照:https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/about/ill/pdf/about_ill.pdf)

Q8:レポートの添削をしてほしい
A8:以下の点の指摘をしました
・「それ単独で発見可能なアクセスポイント」の意味について確認
・「比較し、考察せよ」と言われている部分では、それぞれの検索結果・記載されているデータにはどういうものがでてきてどういう違いがあって、それぞれの利点欠点が書かれているとよい、と伝える
・表が挿入されているが、キャプションや図表番号が書かれていない点を指摘

<その他>
Q2:大学図書館に関する雑誌を探しているが、どう探せばよいのか。
A2:CiNiiやNDL-OPACで検索した結果、大学図書館自体の刊行物が多く探しづらかったとのことだったため、図書館の研究をしている学会などを一緒に探し、学会が出している逐次刊行物などを勧めました。

回答  Q1-Q2:伊藤、Q3:伊藤・鈴木、Q4-Q8:鈴木
=======================

本日は情報基礎実習についての質問が多くありました。
特に問題文の意味についての質問が何件か視られました。国語辞典等で調べてみると、どのように記述すべきかが分かると思います。

(文責:鈴木)