4月27日の業務報告

本日はまるで夏のような暑さでしたね。
こんばんは、B2の嶺井です。

本日の質問と回答は以下の通りです。
=======================
<情報基礎実習>
Q1.レポートの添削
A1.SIST02の必須書誌要素が句点で区切られていた為、質問者の参考webページをもう一度確認して、句点で良いかどうか、必要があれば適宜直すよう伝えました。また、サーチエンジンの特徴について、他のサーチエンジンにも該当する等、具体的な説明ではなかった為、比べて違う点、特徴を見て区別できるような点を示した方が良いとアドバイスをしました。

Q2.レポートの演習問題
Q3.同じ質問者から以下の質問がありました。
・質問者か用いた方法以外の大辞林の容量の求め方
・質問者が考えた計算式が正しいか

A2,A3は不適切な回答だったため,削除しました.
情報実習第2回テキスト 演習12の「大辞林 1 冊が何バイトに相当するかを計算、あるいは調査しその過程と共に回答せよ。」に唯一絶対の正答は存在しませんが,削除した回答の代わりにヒントとして次の2点を挙げます.

  1. 文字を表現するのに必要なバイト数はどの程度か
  2. 紙媒体以外にも媒体は存在しないのか

1. について,詳細は情報基礎第2回で扱っています.大学での学びは互いに結びついたものであることを意識し,柔軟な発想で課題に取り組んで頂ければと思います.

情報基礎実習 TF 池田光雪

回答 Q1-3:鈴木 Q3:嶺井
=======================

明確な回答方法がわからないという質問が数回寄せられました。
自分自身の回答が論理的であるか、また求めた方法以外の方法がないかを確認しましょう。

(文責:嶺井)