2月10日の業務報告

こんばんは、B3の野沢です.

連絡ですが,
秋Cモジュールのチューターデスクの開室日は2月12日(木)が最後です.

本日の質問と解答です.
=======================
<知識情報演習Ⅲ>
Q1. tf.plの出力が思ったように表示されない
A1. foreachを使うときの()の中には配列が入る必要があり、ハッシュではどう動くかわからなくなってしまうということを伝え、そこにどんな配列を入れればうまくいくか考えました。

Q2: idf.plの進め方がわからない
A2. tf.plの出力をハッシュに保存しようとしていましたがうまくいっていなかったので、ハッシュとはどういうものか説明し、どう書けばうまくいくか考えました。

Q3. tf.plにおいて文書数を表示したいが、何も表示されない。
A3. 文書数を計算するために文書番号と単語をsplitしたものを格納する配列を用意していましたが、それらがきちんと格納されているのか確認するよう指摘しました。また、文書番号を識別する正規表現の式があっているのか、defineメソッドが機能しているのかどうか、変数を追加してデバッグするよう伝えました。

Q4. idf.plで重み(tf*idf)を計算出来ない
A4. idfの計算はできていたので、ハッシュを別途用意して文書番号、単語、TF、IDFを同時に並べて表示することから始めるよう伝えました。

Q5. idf.plの計算でtfを格納した連想配列とidfを格納した連想配列から値を取り出したいがどうしていいかわからない
A5. それぞれの連想配列について,何がキーでどの値が取り出せるかをコードを見ながら確認しました.それからそれぞれの連想配列で何を指定すればTF値とIDF値が取り出せるかを理解してもらいました.
回答:Q1-2: 岩井,Q3-4:榎本 Q5:野沢
=======================

ハッシュや配列の中身がわからなくなったら紙に書くのがおすすめです.
(文責:野沢)