12月18日の業務報告

こんばんは、B3の岩井です。

本日の質問と回答です。
========================================
<プログラミング演習II>
Q1. 課題2(木曜)で段落を数えようとしているがうまくいかない。
A1. 一行ずつ読み込んでいましたが、段落を数えるときに前の行と空行の改行二つが連続する部分をさがして段落の変わりめにしようとしていたため、一行ずつではそれができないことを伝えました。そのうえでどうやって段落を数えればいいか一緒に考えました。

Q2. 文字コードを指定したらエラーが出る。
A2. 文字コードを指定するときには「Shift_JIS」と書く必要がありますが、アンダーバーをまちがってハイフンにしていたため、それをなおしたらうまくいきました。

Q3. 課題2(木曜)で単語の数を数えるときに単語1つ1つを要素とした配列をつくればいいのか。
A3. そうすると単語の数や文字数も数えやすくなるのではないかと答えました。

Q4. 課題2(木曜)1文ごとの単語数を数える方法がわからない。
A4. 1文ごとの単語が1つの配列に入っていれば簡単に数えることができそうと伝えました。

Q5. 課題2(木曜)で段落の数を数える方法がわからない。
A5. まったくできていなかったので、プログラムの大枠を一緒に考えました。

Q6. splitメソッドが思ったように動かない。
A6. どのような文字で区切るかという指示を与える部分で使う正規表現の記述が正しくなかったため、そこを指摘しました。

Q7. eachメソッドを使ったときの操作が反映されない。
A7. eachメソッドの繰り返しの中ではじめて宣言された変数は、eachメソッドの外で使うことができなくなると伝えました。こういうことはどんな繰り返しでも起こるので、使う変数はプログラムのはじめに宣言することがおすすめされると伝えました。

Q8. 課題2(木曜)をどう進めていけばいいかわからない。
A8. これからの方針を一緒に考えて、それにはどうすればよいか一緒に考えました。

Q9. 課題2(木曜)で重複した単語が取り除けない。
A9. 一行ずつ読み込んでそれぞれの行で単語1つを要素とする配列を作っていたので、3行目と5行目などで重複する単語が取り除けていませんでした。その配列を全部まとめることができれば重複は取り除けるとアドバイスしました。

<量的調査法>
Q10. レポートをチェックしてほしい。
A10. 帰無仮説・対立仮説・作業仮説の考えが理解できていなかったのでそれについて一緒に考えました。また、χ二乗検定の前提(5未満のセルの割合)について満たせていなかったため、そこをなおす必要があると伝えました。

回答 Q1-Q10:岩井
========================================

怒濤の時期なのですね。
こうして課題2から前日に苦しんでおくと
きっとプログラミング演習Ⅱの最終課題は余裕を持って終わらせることができるのでしょう。

それができれば苦労しないよね。

(文責:岩井)