6/9の業務報告

こんばんはこんばんは!!!!!
図書館情報メディア研究科M1の三津石です。
さて、今日の質問です。
======================================
Q1. 課題を見てほしい。<情報基礎実習>
A1.
途中まで作成した課題を読み、アドバイスしました。具体的には、書誌事項の記述の細かな訂正、検索式の書き方(キーワードを複数並べるだけではなく、 and や or などを利用する)、論文の言葉使いや構成などについて回答しました。
Q2. 文字列に対する処理の流れが追えない、および、 gsub メソッドがブロックをとるときの使い方が分からない。<Webプログラミング>
A2.
URL エンコードされた文字列 (例えば “”%31%32%33%40%41%42%43″” など。) をデコードするという課題でしたが、 /%[0-9A-Z][0-9A-Z]/ でマッチングをする以前に%を取り除いてしまうプログラムになっていたため、2桁の数字が入力されるときに不都合が発生していました。プログラム内で%がどのタイミングで取り除かれているかを確認してもらうために、適宜質問をしながら前から順に処理の流れを説明してもらいました。また、マッチングに利用する gsub メソッドがブロックをとるときの使用法についても理解が不十分だったので教科書で調べてもらいました。
Q3. 課題を再提出する必要があるが、何をすればよいか分からない。<Webプログラミング>
A3.
課題文中の「フィールド」という言葉を勘違いしており、題意と異なるプログラムを作成していたために再提出になっていました。課題文を一緒に読みながら、「フィールド」が何を指すかを理解してもらいました。
Q4. ブロック内での処理結果がブロックの外では反映されていない。<Webプログラミング>
A4.
ブロックの内外という考え方や、破壊的(非破壊的)メソッドについての理解が不十分だったので、一緒にコードを見つつ修正してもらいました。
Q5. ハッシュのキーと値にすべき文字列が格納された要素数2の配列からハッシュをどのように作成すればよいのか分からない。<Webプログラミング>
A5.
ハッシュの作り方を調べてもらいました。
(回答 : Q1 平山、Q2-5 三津石)

6/8の業務報告

こんばんは、M1澤木です。
見事なまでに扁桃腺を痛めてしまい、ガッデムな感じの日々を過ごしています。
今日は4年生の着手発表会でした。
発表してきた4年生の皆さんはお疲れ様でした。質疑応答でグッサリ刺されたところは中間までに補強しましょう。
1~3年生で見に行った方、いかがでしたか? 4年生になったとき、皆さんが必ず通る道です。今はきちんと講義を受けて、演習もこなして、着実に知識と技術を身につけましょう。卒研には役に立たないかもしれませんが、何かの役に立つこともあります。
と、一年前の自分のボロボロな着手発表を思いだしていました。
さて、本日の質問です。
=======================================
<情報基礎実習>
Q1. レポートの最終確認をしてほしい
A1. 文献リストに番号がついていなかったり、引用した文献の番号は本文中に書いてあっても参照した文献の番号が書いていない、などの点を指摘しました。また、CiNiiで確認した雑誌論文を、雑誌論文ではなくSIST02のウェブサイト等の書誌事項の記述方法に従って書いてあるものが多く、それについても、雑誌論文の書式で書くように、と指摘しました。
Q2. 参照文献の書誌事項を書く際に版表示も必要、とのことだがそれはどこに書いてあるのか。
A2. 質問者が持ってきていた書籍の奥付のページを開き、「初版第1刷」との表記があったため、それを示しました。
Q3. ネットで検索して見つけたpdf文書を引用・参照する場合には書誌事項としてURLも必要かどうか。
A3. 実際には質問者が検索して見つけたpdf文書はCiNiiで検索をかけて見つけたものであったため、雑誌論文として扱い、書誌事項を書く際にはURLは要らない、と回答しました。
Q4. レポートの最終確認をしてほしい。
A4. 具体的な探索戦略が、文献リストと共に書かれていたため、書くべき項目が違うのではないか、ということを指摘しました。また、論述本文の参考文献・参照文献・引用文献の記載が一切なかったため、きちんと記載するように、と指摘しました。
Q5. レポートの最終確認をしてほしい。
A5. 論述本文中に番号の記述のない文献が参照文献リストに含まれていたため、確認するようにと指摘しました。
Q6. web上の文書を参照したが、著者名がわからなかった。この場合、著者名は書かなくていいのか。
A6. SIST02を質問者とともに確認し、web上の文書の書誌事項の書き方の例の中に著者名が明記されていないものもあったので、そのような場合には著者名は書かなくていいと思う、と回答しました。
<その他>
Q7. Wordを使っていたら、突然入力モードが変わってしまった。
A7. 通常、挿入モードに設定されているものが、Insertキーが押されたために上書きモードに変わってしまったためであることを説明しました。
(回答はすべて澤木)
=======================================
本日の質問は、今日・明日が情報基礎実習のレポートの締切日ということで、それに関する質問が多かったです。
課題に「引用する際の書式は自分が調べた論文のものを参考に」との指示がありましたが、きちんと読んでいないのではないか、と思わされるものも少なくありませんでした。
課題文はきちんと読みましょう。きちんと読んでいなくて題意を取り違えていて、結局再提出したという例もあります(私ですが)。ですので、そうならないためにも課題文はきちんと読みましょう。大事なことなので二回言いました。
また、LCではレポートの書式などの最終確認をお手伝いすることはできますが、論述内容などに関しては基本的にノータッチです。なので、来てくださる際にはその点だけお気をつけてください。
(文責:澤木 [twitter:ritsuca])

6/7の業務報告

こんにちは!
図書館情報メディア研究科1年次の安永です.
ここ数日とても暖かく,半袖の人もぐんと増えましたね.
さて,今日あった質問です.
——
Q1.<情報基礎実習>
1)引用した記事の出典を書く際は,CiNiiのアドレスを引用元として書けばいいのか。2)引用する際に気をつける事は何か。3)レポートの内容はどのような観点で評価されるのか。
A1.
1)CiNiiのアドレスではなく,載っていた雑誌等の書誌事項を書いて下さい。2)SISTをよく読み,間違いの無いように気をつけて下さい。3)時と場合によるが,今回の課題については引用が正しく出来ているかがポイントとなるのではないかと思います。
Q2.<情報基礎実習>
1)引用について、引用と参照はどう違うのか。2)骨子がこれでおかしくないか見てほしい。
A2.
1)引用と参照の方法について,SISTを見ながら違いについて話しました。2)骨子を見せてもらい、構成について一緒に考えました。
Q3.<情報基礎実習>
書いたレポートのチェックをして欲しい。
A3.
レポートを読んで,構成や文末表現などについて一緒に考えました。
Q4.<情報基礎実習>
書誌情報に「投稿中」の表記は必要か。
A4.
確認したところ、該当の書誌事項は「投稿中の雑誌論文」に関する書誌事項であり、投稿中の雑誌論文とは、雑誌に掲載してもらうために投稿中の論文で、まだ印刷されていないものであるため、該当の論文(書誌事項を書こうとしていた論文)は当てはまらないので必要ありませんと回答しました。
Q5.<情報基礎実習>
書誌事項で巻号に2008などを書いてもいいのか。
A5.
該当の雑誌論文を検索し、発行年とは別に巻号の表記として2008(13)とあったので、2008が巻の表記である事を確認しました。この場合、2008を巻の書誌事項として書いても間違いではないし、省略しても良いと回答しました。
Q6.<情報基礎実習>
CiNiiに掲載されていた刊行物に「電子情報通信学会…報告」とあったのだが、これは雑誌なのか。
A6.
確認したところ、書誌事項に巻と号が含まれており、定期刊行物の書誌事項だったので、雑誌と考えられるのではないかと答えました。確認のために該当のWebサイトを調べ、定期刊行物であることを確認しました。
Q7.<情報基礎実習>
PDFで読んだ論文の書誌事項にも巻や号などの表記は必要なのか。
A7.
PDFがCiNiiでダウンロードした論文などであれば、該当する論文のCiNiiに掲載されている書誌事項も必要であると回答しました。
Q8.<情報基礎実習>
電子ジャーナルの書誌事項にURLも書いた方が良いか。
A8.
電子資料として考えた場合、URLと参照日は必須ですが、CiNiiに掲載されており、印刷媒体で刊行されている雑誌論文なので、URLを書く必要はありませんし、書いても間違いではありませんと回答しました。
Q9.<情報基礎実習>
課題の「骨子と枠組み」を確認してほしい。
A9.
書いてあった構成を確認し、一般的なレポートの構成について説明し、例えば主張は一番初めに持ってきて、その後に主張を補強するような説明を書くことなどをアドバイスしました。
Q10.<情報基礎実習>
書誌事項にURLを書いている人といない人がいるが、どちらが正しいのか。
A10.
確認したところ、CiNiiにPDFのある電子資料などを差していたので、URLは必ず書かなければいけないというわけではなく、書かなくてもよいし、書いても間違いではないと回答しました。
Q11.<情報基礎実習>
引用する書式は文献を参考する、とあったが、これ(提示された資料)で良いか。
A11.
情報基礎実習の場合、書誌事項は基本的にSIST02で書くべきです。なので、課題中の引用する書式、とは、引用する脚注の書き方のことなどを指していると考えられると回答しました。
Q12.<情報基礎実習>
参照した事項のページ数を書いたのだが、資料をよく見るとPDFのページ数とは違うページ数が書いていた。どちらを書けばよいか。
A12.
まず、一般的に書誌事項には参照したページ数ではなく、論文そのもののページ数(雑誌掲載時の開始ページと終わりのページ)を書くものであると回答しました。そのため、この場合も、PDFの枚数ではなく、雑誌掲載時のページ数を書誌事項として記入します。
Q13.<情報基礎実習>
情報基礎実習第6回のレポートを見て欲しい
A13.
課題を見ながら次のようにコメントしました.1)検索式も書いた方がいい.2)検索式は具体的に書くといい.3)出版年も「どうやって」できるだけ新しい論文を探すのか書いた方がいい.4)紀要は学術雑誌なので,学術雑誌に載っている論文の文献リストを作成することは課題の条件を満たすことになる.4)論述の骨子は,論述の流れを表すと思うので箇条書きは数字付きのやつにした方がいい.5)論述の字数が指定されているので,論述の最後に(○字)のように字数を書くといい.6)段落の先頭は1字下げるといい.7)論述中で文献を参照する際の書き方は,自分で探した論文の書き方を真似るといい.
Q14.<情報基礎実習>
情報基礎実習第6回のレポートを見て欲しい
A14.
課題を見ながら次のようにコメントしました.1)検索式も書いた方がいい.2)キーワード,検索式は具体的に書くといい.3)出版年も「どうやって」できるだけ新しい論文を探すのか書いた方がいい.3)学位論文は,雑誌記事ではないので,学位論文の文献リストを作成しても課題の条件を満たすことにならない.4)論述の骨子は,論述の流れを表すと思うので箇条書きは数字付きのやつにした方がいい.5)論述の字数が指定されているので,論述の最後に(○字)のように字数を書くといい.6)授業に対する要望で「くわしく説明して欲しい」と書く時には,「プリントのここをもっと詳しく説明してほしい」と書くとよい.7)論述中で参照する文献数は2点以上と指定されているので,2点以上参照するようにする.8)文献リストは箇条書きで書く.
Q15.<Microsoft Word>
箇条書きがずれてしまう
A15.
一旦,ずれてしまう行の箇条書きの点(黒丸など)と直前の改行を消して,直前の行とずれてしまう行をつなげて1行にする.それから,改行したいところで改行すると,たいてい直ります,と答えました.また,ルーラーが非表示になっていたので,表示するようにし,インデントのいじり方を簡単に教えました.
Q16.<情報基礎実習>
雑誌名にコンマやピリオドが含まれているが,そのまま書いてもいいのか
A16.
SIST02に,「和文誌名は,完全誌名を記述する。」とあり,また,CiNii等で一緒に確認し,その雑誌名が完全誌名であるだろうと判断できたので,そのまま書いていいと思います,と答えました.
Q17.<情報基礎実習>
誌名が「○○大学紀要」という文献があるのだが,誌名が雑誌名ぽくなく,この文献を雑誌記事として挙げても良いのか
A17.
紀要の意味を調べてもらうと,「大学が発行する学術雑誌」という説明がありました.
(回答 : Q1-3 高山,Q4-Q12 平山, Q13-17 安永)
——
まだまだ夜中は気温が下がりますので,皆様,寝冷えしないように気をつけて下さいね!
(文責:安永)

6/6の業務報告

こんばんは、4年の梶浦です。
今日はとても暑いですね。
そんな太陽が照りつける中、今日のチューターミーティングは外で実施しました。
このままでは熱中症になる!(そこまではいきませんがあまりにも暑い)ということで、
次回からは食堂で行おうとチューター間で決めました。
それでは今日の質問内容を報告します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q1.<情報基礎実習>
第6回課題の意味が分からない。また「3.論述の骨子・枠組み」とは具体的にどう書けばよいのか
A1.
課題は「配布された新聞記事に関する雑誌論文を5つあげる」と「配布された新聞記事の最後の部分「どのような未来を望むのか」についてのあなたの考えを、文献を二つ以上参照して述べなさい」の二種類に分かれていると思います。論文の骨子は後者を課題をするとき、書きたい内容(意見や引用箇所など)を、どんな順番で紹介するか、ある章にはどんな内容を含めるか整理したものを書くと回答。
Q2.
文献を検索すると、英語のも出てくるが、それも書くのか
A2.
タイトルの下に書いてある英語のタイトルの事ですか?と訊いたところその通りだと言われ、では授業でなにか言われなかったか、テキストに書いていないか、もしくはSIST02を確かめたか、と訊いたところ、SIST02に「副書名」とあり、それが英語のタイトルに該当するのではないかと言われたので、副書名はいわゆるサブタイトルにあたり、日本語のタイトルを英語にしただけのものは副書名には当たらないと回答。
Q3.
第6回レポート課題の「論文の骨子」とは具体的にどのように書けば良いのか
A3.
この課題は、自分が書きたい内容を整理してから文章を書いて下さい、というもの。文献にもいろいろなことが書いてあるし、自分の意見もいくつも浮かぶと思います。それをどういう順番で、どの部分にどの内容をかくか、を整理したものを書けば良い、と回答。
Q4.
キーワード一つだけ入力しても検索式と言えるか
A4.
ひとつのキーワードだけで検索すると考えれば、言えるとおもいますと回答。
Q5.<知識情報演習>
SQLコマンドが動かない
A5.
SQLコマンドを実行するテーブルの名前の指定が、自分が作ったテーブルではなく、テキストに書いてある例文をそのまま入力していたので、そこを指摘し、一つ一つの構文の意味を考えながら実行して下さいと回答。
Q6.<情報基礎実習>
SIST02での書誌事項の記入の仕方について。CiNiiで調べた結果表示された書誌事項をそのまま書けばいいのか。メモしてきた書誌事項のうち、「34」という数字は何を表しているのか。
A6.
メモを見せてもらったところ、他大学の紀要の書誌事項だったので、「34」という数字はおそらく号数であるが、一応自分で確認するように伝えました。また、他の項目についても、どの項目が何を表しているのかを説明しました。
Q7.
「検索式」とはどのようなものなのか
A7.
キーワードを並べただけのものでも検索式と呼ぶ事はできるし、著者名や雑誌名などのフィールドを指定した物も検索式と呼ぶ。自分が検索をかけるときに何を入力して検索したか、を書けばいいのでは、と回答しました。
Q8.
SIST02での書誌事項の記入の仕方は、媒体の種類によってさまざまだが、どれを使えばいいのかわからない。
A8.
CiNiiで調べられるものは基本的に雑誌論文なので、雑誌論文の書誌事項の書き方を参考にすること、また、CiNiiで本文を見ることができず、別のところでみた場合でも、同一の文献である場合には雑誌論文として書誌事項を記述すればいい、と回答しました。
Q9.
「論述する内容の骨子・枠組みを箇条書きにする」という課題がよくわからない。
A9.
たとえば、序論・本論・結論という組み立てで論述を行う際に、具体的に何を論じていきたいのか、それを論じるためにはどんな説明などが必要か、というのを箇条書きにせよ、という意味なのではないか、と回答しました。
Q10.
CiNiiでの検索結果の書誌事項に、恐らく巻号が「53(6)」と書かれていたが、これはどちらが巻数でどちらが号数なのか。
A10.
基本的に、巻号が両方あるものについては、巻数=○○年に発行したもの、号数=××月に発行したもの、という意味で使われることが多い、と説明し、この場合は「53」を巻数、「6」を号数と考えて書誌事項を記述すればいいのではないか、と回答しました。
Q11.
検索キーワードや検索式にどんな言葉を使えばいいのかわからない。
A11.
課題で読むように指定されていた記事をもう一度読み、その記事の中で何度も使われている言葉や、その記事のキーワードとなるような言葉を自分で探し、それを検索に使えばいいのではないか、と回答しました。また、一度それで検索をかけた後、検索結果の文献に関連付けられているキーワードを利用して再検索をかけることを勧めました。
Q12.
データの一括登録ができない。
A12.
実際に画面を見せてもらったところ、実際のファイル名と、コマンドで入力したファイル名とが食い違っているためのようだったので、それを指摘しました。
Q13.
文献を読んでいたところ、「○○の特徴」という言葉の直後に引用を示す表記があったが、これはその言葉だけ引用したということなのか。
A13.
文献をみせてもらったところ、その文献については、「××の資料による」という表記の仕方になっていたため、その言葉は引用し、その言葉の中身(つまり特徴の細かい内容)については、元の資料とは表現を変えて記述しているため、このような表記の仕方になっているのだろう、と回答しました。
Q14.
参照日時とは、webを用いて検索した全ての資料について書かなければならないのか。
A14.
参照日時を記述するのは、yahoo!のニュースなどは、1か月前の記事が見られなくなるなどのことがあり、あるURLにおかれていたファイルが常に全く同じ内容であったり、そのファイルが常に存在しているとは言えないためであると説明し、webを用いて検索した資料でも、雑誌論文などに関しては不要であるということを話しました。
Q15.
SIST02で記述する際に、巻号はどのように記述するのか。
A15.
巻は「Vol.」(Volumeの略)、号は「No.」(Numberの略)と記述することが多いと説明し、SIST02の説明ページに実例が載っているため、それを確認するようにと回答しました。
Q16.
「論述する内容の骨子・枠組みを箇条書きにする」という課題で、実際に箇条書きにしてみたが、これでいいのか。
A16.
自分が箇条書きした内容で、1500字以上論述できるかどうかをまず考え、これだけでは論述できない、と思ったのであれば、もう少し具体的な内容を書き足した方がいいのではないか、と回答しました。
Q17.
データの一括登録ができない。
A17.
2列のデータを3列のテーブルに登録しようとしていたためにエラーが起きていました。エラーメッセージの内容の説明をしました。その結果、対処できたようだったので、書き直したデータがきちんと登録できているかどうかの確認も行うよう、勧めました。
Q18.
「ITで裸にされる『あなた』」という記事に関する考えを述べる課題において、まずCiNiiで6件関連記事を探したが、「どのような未来を望むのか」という点を論じる際に必要になる文献はそれと重複しても良いのでしょうか。
A18.
特にそれに関しては課題文に記述がないので、重複しても大丈夫だと回答しました。
Q19.
同課題の「探索戦略」の「出版年」について、出版年は過去5年に限定するということで良いのでしょうか。
A19.
過去5年で良い、しかし、なるべく最新の文献を参照した方が良いと回答しました。
Q20.
同課題の論述する際に必要な箇条書きについて、まずは記事の要約を箇条書きし、その次に自分の考えを箇条書きにする、という方法で大丈夫でしょうか。
A20.
その通り、最初に記事の箇条書きがある方が丁寧だと回答しました。
Q21.
あまり小論文を書いたことが無いので論述の方法が分かりません。どのように書いたら良いのでしょうか。
A21.
一段落目に最終的に主張したい自分の考え(結論)を論じ、その論拠をニ段落目から述べると小論文らしくなります、と回答しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は沢山の質問がありました。
いつも多くの方々に利用して頂きありがとうございます。
これからもKLCを有効活用して課題を乗り越えて下さい!!
(文責:梶浦)

6/3の業務報告

こんにちは!
図書館情報メディア研究科1年次の平山陽菜です。
今、ラーニングコモンズでは4年生がプレ着手発表会を行っています。
来週の水曜日に卒業研究の着手発表会があり、そのための有志による発表練習会です。
院生の先輩方も参加し、4年生の発表に鋭い指摘を飛ばしています。
普段中々後輩、先輩の接点はありませんが、こういう場所で先輩方が得た知識を
後輩に受渡してゆけたら良いですね。
さて、今日の質問です。
===
Q1.<情報基礎実習>
第6回課題の「文献リスト」とは,レポートの最後に書く参照文献のように書くのではなく,表で書くのか.
A1.
リストというのは,箇条書きのようにして並べ挙げることを言うので,表である必要はないと思います,と答えました.
Q2.<情報基礎実習>
第6回課題のには,探索戦略は書いた方がいいか.
A2.
「必須項目は以下の通り」と書いてあり,「1.どのような探索戦略を用いるか」はその下に書いてあるので,これは必須項目ですね,と答えました.
Q3.<情報基礎実習>
第6回の課題の「1.どのような探索戦略を用いるか」の「検索式」が何か分からない.組み合わせや順序のことか.
A2.
検索式は,キーワードの組み合わせのことで合っています.しかし,単に組み合わせるだけでなく,キーワード同士を AND,OR,NOT などでつなぐ式のことを言います,と答えました.また,つなぐ,という言葉の意味を聞かれたので,「word1 AND word2」と書くことを,「word1 と word2 を AND でつなぐ」と言います,と答えました.
Q4.<情報基礎実習>
授業中にTAに質問したが,第6回の実習の「3.論述の骨子・枠組み」の「レポートの中で文献を引用する際の書式は,・・・」というのが分からない.
A4.
実際に論文を見てみれば,「ここは引用しているんだな」と分かる場所があります.その書き方を真似しましょう,という意味です,と答えました.また,実際に,引用の書き方の例を2つ書いて見せました.すると,本文中ではSISTのように書誌事項を書くのではないことが分かり,授業中のTAの解答の意味も分かったようでした.
(以上全て安永)
===
情報基礎実習は毎回レポートが課され、採点もシビアで、1年生の1学期の中ではわりと大変な授業です。
1年生の中にはこのラーニングコモンズのブログをよく見て、レポートについての質問と解答を読んでくれている人がいるみたいです。どんどん活用して、ぜひ情報基礎実習のレポートでAやA+をとってくださいね。
ではでは