6/13の業務報告

こんばんは、知識情報・図書館学類B4の梶浦美咲です!
先週の水曜日に開催された着手発表会は、何事もなく(?)無事終了し、
4年生の間では一段落といったところです。
今は、その着手発表で指摘された点の修正にあくせくしているところでしょうか。
さて、本日の質問とその回答です。
------------------------------–
Q1.<情報基礎実習>
画面のハードコピーはデスクトップ画像でなければならないか。
A1.(回答:澤木)
デスクトップ以外でも、ハードコピーであればよいと答えました。
Q2.
画像の加工で、サイズを約半分にする、との指示があるが、これをしなくても画像は加工できると思うがどうしても必要な処理なのか。
A2.
必須の処理というわけではないと思うが、指示として書かれているので今回は指示に従い、画像のサイズを約半分にしてから加工を行った方がいいと思います、と答えました。
Q3.
ファイルサイズを計算してみよ、と書かれているが、これは、レポートの、方法、結果,考察のうち、どこに書くべきか。
A3.
今回のレポートであれば、方法とは画像をどのように加工したかを、結果とはその画像に関する具体的な数値などを、考察とは、結果で書いた数値について自分の考えを書くところであるとまず説明しました。この場合、実際に行った計算や計算結果については結果に、各ファイル形式でのファイルサイズ計算結果の比較などは考察に書くのではないかと思います。
Q4.
レポートに、webなどで調べたことを書く場合、文献の書誌情報は、ページやセクション毎に書くべきか、それとも、最後に文献リストとしてまとめて書くべきか。
A4.
まとめて書くべきだと思います、と答えました。
Q5.
第7回課題の意味がわからない。
A5.
今回の課題は、3種類の画像について、それぞれ4種類の画像形式で保存し、計12種類の画像について画像の品質やデータサイズを比較し、実験レポートをまとめるように、との課題です。画像形式を変えることで見た目は変わるのか、ファイルサイズが変わったとして、それと見た目の変化には何らかの関係はあるのか等を自分たちで考えて、必要に応じて調べた結果をレポートとしてまとめるように、ということなのではないでしょうか、と答えました。
Q6.
画面のコピー、画面のハードコピーとは何ですか。
A6.
どちらも、自分が見ている画面を画像として保存したもののことを指します、と答えました。
Q7.
第7回課題で、計12種類の画像ができあがるが、それらをどう比較していけばいいのか。全部まとめて比較しろ、ということなのか。
A7.
基となる3種類の画像がそれぞれ異なる特徴を持っているため,いきなり全部の画像をまとめて比較することは難しいのではないか。各画像について、画像形式を変えた事でどのような違いができたかを比較し、各画像について比較した結果を、さらに比較することならできるのではないか、と答えました。また、実際にファイルサイズを調べてみたところ、違和感を感じる箇所があった、とのことなので、それについて、どうしてそうなったのかをwebなどを用いて調べ、まとめることを勧めました。
Q8.
第7回課題で表には何を書けばいいか。
A8.(回答:杉江)
情報基礎実習のプリントには見栄えとプロパティの関係を表にまとめる、とあったので同じ表にした方がいいのではないかた答えました。
Q9.
目的には何を書けばいいか
A9.
情報基礎実習のプリントには、画像ファイルの扱い方に慣れる、というようなことが書いてあったので、プリントを読んで考えて見て下さいと答えました。
Q10.
第7回課題で表を作ってみたがどうすればいいかわからない。
A10.
まずプリントの1ページ目の問題文を読んでもらい、具体的に何を試したり調べたりしたかと訊いたところ、見栄えの比較がまだだったようなのでそこをやってみて下さいと伝えました。
Q11.
第7回課題はForm.docに沿ってレポートを作成するという指示があるのですが、「はじめに」という項目には何を書けばよいのですか。
A11.(回答:梶浦)
「はじめに」の項目は、そのレポート自体の形式の説明が書かれているだけなので、そこにある記述に従うだけで大丈夫です。レポート自体には「はじめに」の記述は必要ありません。
------------------------------—-
ではでは!!
(文責:梶浦)