2011年度 プログラミング演習Iのページ

このページは,プログラミング演習Iのページです.

  • 担当者
    • 松村敦 (Webページ, Email: matsumura.atsushi.ga あっと u.tsukuba.ac.jp)
      • 研究室: 研究棟 2F 212
    • 時井真紀 (Email: tokii.maki.ga あっと u.tsukuba.ac.jp)
      • 研究室: 研究棟 2F 203


お知らせ

お知らせです.クラス毎のお知らせの場合は,[木][金]で区別します.何もなければ全体向けです.

  • レポート提出者一覧 <レポート> (2011-11-25)
  • レポートさらに補足 <レポート> (2011-11-18)
  • レポートさらに補足の訂正 <レポート> (2011-11-18)
  • レポートさらに補足 <レポート> (2011-11-18)
  • レポート訂正,補足 <レポート> (2011-11-17)
  • レポート実行結果用データ公開 <レポート> (2011-11-17)
  • レポート問答追加 <レポート> (2011-11-15)
  • レポート問答 <レポート> (2011-11-11)
  • 第2回レポート課題公開 <レポート> (2011-11-10)
  • 第1回レポート ファイル提出に関して(2011-11-08)}
    • プログラムファイルの提出に不備があった方には、レポート提出先アドレスからメールを送信しました。(問題がなかった方には、メールは送信していません。)
  • 中テスト日程 (2011-11-02)
    • 11/17(木),11/18(金)に実施します.
  • レポート提出者一覧 <レポート> (2011-10-26)
  • レポート問答 <レポート> (2011-10-21)
  • レポートサポート会開催!!!! (2011-10-20)
    • レポートの質問に担当教員,TAが答えます!
    • 日時:10/21(金) 17:00-18:00
    • 場所:実習室II (7C103)
  • 第1回レポート課題訂正 <レポート> (2011-10-19)
  • 第1回レポート課題公開 <レポート> (2011-10-12)
  • 第8回テキスト公開 <テキスト> (2011-10-12)
  • 第7回テキスト公開 <テキスト> (2011-10-12)
  • 第6回テキスト公開 <テキスト> (2011-10-12)
  • 第5回テキスト公開 <テキスト> (2011-10-12)
  • 第4回テキスト公開 <テキスト> (2011-09-09)
  • 第3回テキスト公開 <テキスト> (2011-09-07)
  • 第2回テキスト公開 <テキスト> (2011-08-30)
  • 第1回テキスト公開 <テキスト> (2011-08-30)

お知らせ(演習以外)

日程

木曜日金曜日位置付け内容(予定)教科書との関連などその他
19/159/16導入全体像,Meadow, print,代入,算術演算,gets, i=i+1, sum=sum+a[i]
様々なプログラム(Ruby/Tk, Ruby/SDL, CGI)
1章,10章
29/299/30基礎オブジェクト,変数,配列,ハッシュ,型変換2,4,10章
310/0610/07基礎条件判定,繰り返し5,6章
410/1310/14基礎復習(配列,ハッシュ,条件判定,繰り返し)
510/2010/21基礎紙で考える&言葉でプログラム&ファイルの扱い
610/2710/28基礎メソッド,スコープ7章
711/1011/04基礎メソッド, 配列の受け渡し7章
811/1711/11基礎文字列+復習(配列,ハッシュ,条件判定,繰り返し)12章
911/2411/18基礎総合演習

全学計算機システム停止等の情報

道具箱

  • Meadowのフォントがかわってしまった
    • [Shift]キーとマウスの左ボタンを押すと、メニューが表示されます。そこでデフォルトを選択してください
  • プログラムに行番号をつけるCGI
    • 提出用のプログラムに行番号をつけるプログラムです.

レポート

  • &ref(): File not found: "rep_cover.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011";

第2回レポート課題

  • (印刷物)提出者リスト (学内のみ)
  • (プログラムファイル)提出者については,後日メールにて連絡します.
  • 〆切 2011年11月25日(金曜日) 15時
  • &ref(): File not found: "rep2_2011.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-11-10掲載)
  • &ref(): File not found: "character.txt" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-11-17掲載)
    • 上記ファイルを yuruyuru.txt として保存してから使用してください.
    • 参照:図書館キャラクター -Lifo-wiki
    • なお,本ファイルに設定されている,図書館愛,インパクト,ゆるさの各値はフィクションです.
  • 訂正,補足
    • 1回の対決における攻撃は,勝敗が決まっても決まらなくても1度だけです.対決は勝敗が決まっても決まらなくても1回です. (2011-11-18)
      • かわいそうだから何回も戦わせないでください.
    • 既に,1回の対戦で何度も戦わせるプログラムを作ってしまっている場合 (2011-11-18)
      • 1回の攻撃に関して問題文にあるルールに沿っていれば減点はしません.
    • 実行結果は印刷版には不要です.
    • 実行結果をファイル (sXXXXXXX.txt) に保存して,プログラムファイルと一緒にメールにて提出してください.
    • 実行結果の作り方
      Z:\progI\rep2> ruby -Ks sXXXXXXX-1.rb < yuruyuru.txt > sXXXXXXX.txt

第1回レポート課題

  • 問答
    • Q. 課題2の条件1と2の意味がわからないのですが.
    • A. 1はあらかじめ寿司ネタと値段の対応をハッシュに保存しておく処理です.2は実際に食べた数を入力して,1で作った対応からお会計を計算する部分です.
    • Q. 課題2の条件1の6番目「上書き」の意味がわからないのですが.
    • A. それまでに入っていた値段を変更することです.たとえば,まぐろ190と入力しハッシュに保存した後で,まぐろと入力すると,違う値段を入力できるようにするか,変更しないかを選択できるようにします.違う値段を入力することを選択した場合,次に入力した値段,例えば250,でハッシュの中身を変更します.この場合,まぐろ250がハッシュに保存されます.
    • Q. 課題2の条件1の7番目「全ての寿司ネタと値段」の意味がわからないのですが.
    • A. 「その時点でハッシュに保存されている全ての寿司ネタと値段」という意味です.
  • 訂正
    • p.4 課題2 プログラムの条件1の1つ目
      (誤)値段をハッシュとし
      (正)値段を値とし
  • 〆切 2011年10月26日(水曜日) 15時
  • &ref(): File not found: "2011_rep1.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-10-12掲載)
  • 第1回 設問1で使用するデータ
["東京", "有楽町", "新橋", "浜松町", "田町", 
"品川", "大崎", "五反田", "目黒", "恵比寿", 
"渋谷", "原宿", "代々木", "新宿", "新大久保", 
"高田馬場", "目白", "池袋", "大塚", "巣鴨", 
"駒込", "田端", "西日暮里", "日暮里", "鶯谷", 
"上野", "御徒町", "秋葉原", "神田"]
[2, 2, 2, 2, 3, 2, 2, 2, 3, 2, 3, 2, 2, 2, 3, 1, 3, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 1, 2, 2, 2, 2, 2]

テキスト

  • &ref(): File not found: "2011_en8.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-10-12掲載)
  • &ref(): File not found: "2011_en7.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-10-12掲載)
  • &ref(): File not found: "2011_en6.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-10-12掲載)
  • &ref(): File not found: "2011_en5.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-10-12掲載)
    • 補足:p.8 演習5-9
      • fruit.rb というのはp.7で入力したプログラムのことです.ex5-9.rbとして作っている人もいるかもしれません.その場合は,
        Z:\progI> ruby ex5-9.rb < fruit_list.txt
        と読み替えてください.
  • &ref(): File not found: "2011_ex4.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-09-09掲載)
  • &ref(): File not found: "2011_en3.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-09-07掲載)
  • &ref(): File not found: "2011_en2.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-08-30掲載)
  • &ref(): File not found: "2011_en1.pdf" at page "ProgI/プログラミング演習I/2011"; (2011-08-30掲載)
 * 全学計算機システムのWindows にログインする
 * コマンドプロンプト(黒色ウィンドウ)とMeadow(黄色ウィンドウ)
[コマンドプロンプトで]
 * 作業用フォルダを準備する (Zドライブの下に progIフォルダを作成)
 [Meadowで]
 * 作業用フォルダの中に、プログラムを作成する。(Meadowを使う) ファイル名の例:sample.rb (拡張子は、rb) 
 [コマンドプロンプトで]
 * コマンドプロンプトを起動し、作業用フォルダに移動する ( cd progI )
 * プログラムを実行する (ruby ファイル名)

夏休みの宿題

  • 夏休みの宿題
    • 課題:教科書「たのしいRuby」の第6章までを読んでまとめる
    • 内容(以下のa, bの両方をやる)
      1. 理解できた部分を選択し,プログラミング初心者向けの説明としてまとめる
      2. 理解できなかったことを,TAに対する質問としてまとめる
    • 体裁
      • 学籍番号,氏名などレポートとして最低限のことは必須
      • 内容のa, b あわせてA4用紙2ページ
      • それ以外の形式は自由
    • 締切:9月14日(水)15:00
    • 提出先:学務前提出BOX

チェック項目

チェック項目に指定した演習問題だけでは、すべて理解できたことにはなりません。

チェック項目以外の演習問題もすべて行うこと!

  • 第8回チェック項目
  • 演習8-16 表のあなうめ (提出後、対面式クイズ)
    • たのしいRubyの参照ページも書くこと
  • 第7回チェック項目
    • 配布プリントの穴埋め
    • 演習7-15
  • 第6回チェック項目
    • チェック1 演習6-10 行番号つきプログラムリスト+実行結果(複数)
  • チェック2 演習6-23 (追加項目あり) 行番号つきプログラムリスト+実行結果(複数)
    2つの文字列を引数とし、
    連結した文字列を「表示する」メソッドと「返すメソッド」メソッドを
    作ってみよう。(1つのプログラム中で2つのメソッドを作成!)
    
  • 第5回チェック項目
    • 配布プリントの穴埋め
  • 第4回チェック項目
    • チェック1: 演習4-8 行番号つきプログラムリスト+実行結果(複数)
      (追加) 見つからなかった場合は、見つからなかったと表示する
      (追加) 調べてみよう。 配列におけるinclude?とindexの使い方。
  • 第3回チェック項目
    • チェック1: 演習3-27 行番号つきプログラムリスト+実行結果(複数)
      (追加) 負の値が入力された場合は、足さない(入力回数にはカウントする)
      (テキスト訂正) 誤 sum  正 goukei
      
  • 第2回チェック項目
    • チェック1: 演習2-29 行番号つきプログラムリスト+実行結果(複数)
      和 と 平均(小数点以下も表示する)を計算し表示する。<== テキストの演習項目に「平均」を追加
      和や平均は計算後、変数に値を保存し、表示すること。
    • チェック2: 演習2-42 行番号つきプログラムリスト+実行結果(複数)
  • 第1回チェック項目
    • チェック1: 演習1-28 の実行結果
      学籍番号:****
      氏名:******(ふりがな)
      演習1-28実行結果
      Z:\progI> ruby ex1-28.rb
      ****
      ****
      *****
      Z:\progI>
  • チェック2: 演習1-61 プログラムリスト(行番号つき)、出力ファイル(行番号つき)
    実行方法 ruby ex1-61.rb > ex1-61.html
                  プログラムリスト(ex1-61.rb), 出力ファイル(ex1-61.html)

演習支援情報


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-19 (火) 15:02:42 (3705d)