概要

ご挨拶

知識の時代

この学類案内を見て興味をもったみなさんが次に取る行動は、多くの場合「Webで調べる」になるはずです。

では「Webで調べる」とはどういう行為でしょう。それは大学が発信する情報、受験産業による分析、大学生や卒業生による口コミなどを、みなさんの必要や興味に応じて探索し、選別して自らの知識を補うということです。

インターネットとWebは社会を大きく変化させてきました。その到達点として、私たちはあらゆる知識や情報をWebから入手できる時代を生きています。しかし、そこには大きな困難があります。自分が欲しい情報が見つからない、もっと良い情報が他にあるかもしれないと思って不安になるなどは誰もが経験したことでしょう。

一方、大きな可能性も拡がっています。誰もが膨大な知識にアクセスして、新たな知を生み出すことができます。ひとりひとりの小さな知識を集めて、新たな価値を生み出すこともできるでしょう。

知識情報・図書館学類は「知識の時代」を生きるすべての人に寄り添って社会を支え、変革していく、知識の共有と活用の専門家を養成します。私たちを足がかりに、知識のスペシャリストとして未来を担ってみませんか。

知識情報・図書館学類長
歳森

ページ先頭へ戻る