12月2日の業務報告

こんばんは、B2の高橋です。

本日は統計とプログラミング演習Ⅱに関する質問が3件ありました。

=======================
<統計>
Q1:課題のメディアンの出し方が分からない
A1:階級値と度数のみが与えられている問題で、メディアンを求める際に階級値をそのまま用いるのではなく、近似値を用いるように指示されていたので、教科書を参考にしながら自分で適切な階級(階級幅)を設定して解けば良いのではと提案しました。

<プログラミング演習Ⅱ>
Q1:課題1(木曜クラス)で分散を出す方法が思いつかない
A1:まず文ごとの単語数など、後々にも使用しそうな数値・単語群などをそれぞれ配列に格納する方法を提案しました。そして、分散の公式を簡単に分解して一つずつ処理するよう提案しました。
 1.(平均-各数値)の二乗を算出する
 2.1で出した数値を順々に足していく
 3.全体の文の数で2の値を割る

Q2:ファイルの入力と、ファイルの中身を一行ずつ読み込む処理がよくわからない
A2:”open”や”gets”、”chomp”の役割について説明しました。

回答 Q1,Q2,Q3:高橋
=======================

来週はプログラミング演習Ⅱ(木曜クラス)の締め切りがあります。
この土日でプログラムをある程度形にするよう頑張ってみてはどうでしょう。

(文責:高橋)

12月7日の業務報告

こんばんは。B2の鈴木です。

今日は統計の質問がありました。
=======================
<統計>
Q1:統計の課題B(2)について
   教科書に似ている問題があった為その通りに解いたが、上位1000人目の得点が満点(200点)を超えてしまう
A1:メールにて後日対応する事を伝えました。

回答 Q1:鈴木
=======================

基本はデスクに質問に来てもらってやり取りをする形ですが、
質問者が多く順番待ちになってしまう時や時間が無い場合など、メールで後日対応する事もできます。
KLCへの質問者は締め切り前の駆け込みが多いのですが、課題は余裕を持って取り組めるようにすると
きちんと見直しをすることができます。特に統計の課題では小数点ミスや小さな計算ミスも厳しく減点されます。
ケアレスミスで評価を下げないように3回は見直しをしましょう。

(文責:鈴木)

1月26日の業務報告

こんばんは、B3の功刀です。

本日の質問と解答です。
=======================
<知識情報演習Ⅲ>
Q1. クエリが書かれたファイルと各文書の出現単語と重みが書かれたファイルの二つを読み込んで、最後に各文書のスコアを計算するプログラムがうまくつくれない。エラーが出ているが原因がわからない。
A1. @ARGVが何を表しているのか、と<>の使い方の違いなどについて説明したうえで、二つのものをそれぞれ別に読み込むにはどうすればよいか考えました。

Q2. 文字列の末尾を取り出したくてpopメソッドを使っていたが、エラーが出て先に進めない。
A2. pop関数は配列を扱うための関数であることを確認し、文字列の末尾を取り出すにはどのような方法があるのか、正規表現などの文字列処理について確認をしました。

Q3. dfの計算ができたが、そのあとどのような流れでidfとw(t,d)の値を求めていけば良いかわからない
A3. 単語の重み付けにおいて各値を計算するのに必要となるハッシュを用意するための方法について一緒に考えた上で、作成したハッシュを用いてどのように計算をすればいいかを考えるよう促しました。

<統計>
Q4. 統計の問題が解けなくて困っている(独立性の検定の問題ができない)
A4. 与えられた数値(表)から理論値の数値を求めて表にまとめる作業をしてからカイ二乗検定を行うまでの流れを確認するように説明しました。

回答:Q1:岩井 Q2-4:功刀
=======================

tf-idfを求めるプログラムはテキストファイルの読み込みやハッシュの操作がスムーズに進まないと、なかなか思うように作業が進みません。どこでどういったデータを処理しているのか、自分の書いたコードの動きがわからなくなってきたときはこまめに出力をして動作を確認するようにしましょう。
ハッシュの%や配列の@などの記号に関わる間違いでプログラムが上手く動かないという人も多い様です。Rubyに慣れているので、なかなか大変だとは思いますが、原因不明のエラーで困ったときは細かく確認してみてください。

(文責:功刀)

1月5日の業務報告

こんばんは, B3の功刀です.

本日の質問と回答です.
=======================
<統計>
Q1.標本のデータだけが与えられたときの母平均の信頼区間の求め方がわからない。
A1.「ゼロから学ぶ統計解析」の115ページからを読んでどうやって求めればよいかを確認しました。

Q2.標準入力からファイルを読み込んで標準出力に表示するというのがよくわからない。
A2.作ったものを表示するにはpackメソッドを使うことが必要であると伝えたうえで、packメソッドの働きについて調べました。

Q3.perlでprint @配列という形で出力しようとしても上手く表示されない
A3.chompをした後の日本語文字列を配列に追加し、printで配列を出力しようとすると最後の要素のみが表示される(chompをしなければ出力できる)状態だったため、foreach文を利用して出力をする方法を利用することを伝えました。

回答: Q1-2:岩井 Q3:功刀
=======================

明けましておめでとうございます. 2015年が始まりました.
今年も春日ラーニングコモンズをぜひご活用ください.

知識情報演習ではPerlの授業が始まっています. Rubyとは仕様が違い, 戸惑いも多いと思いますが授業資料等を読みながら少しずつ慣れていきましょう.

(文責:功刀)

12月10日の業務報告

こんばんは!
B4の古澤です。

今日の質問・解答は以下のようになっております。
=======================
<プログラミング演習Ⅱ>
Q1. コメントチェックシステムを使ったが、「9行目 if」とだけ表示される。
A1. コメントチェックシステムに特定の文字列を入れると止まるバグがあったようです(通報済み)。該当行にコメントを加えると正常に動作しました。

Q2. 金曜クラスの課題で、テスト用文章に全角のシングルクオーテーションが混ざっており、gsubメソッドで置換したいが実行するとエラーになる。
A2. 正確にはライトシングルクオーテーションという記号でした。shift-jisで表示すると文字化けするようです。この記号を正規表現で扱うには文字コードを指定するマジックコメントでwindows-31Jと指定しないとエラーが発生するようです。

Q3. ハッシュでキーとオブジェクトを表示させるメソッドを作りたい
A3. eachメソッドの書き方が間違っていたので指摘しました。

Q5. gsubメソッドがうまく働かない。
A5. 破壊的メソッドと非破壊的メソッドの違いについての理解が曖昧だったようなので、説明してプログラムを修正してもらいました。(変数に代入せずに非破壊的メソッドを使っていました。)

<統計>
Q4. 例題(2)の途中式z(0.131)=1.12と書かれているが意味が分からない
A4. I(z)=0.5-0.131=0.369であり「この近く(0.369)」を標準正規分布表から探してz=1.12を導き出すという意味のようです。

回答: Q1-Q4:榎本、Q5:古澤
=======================

プログラミングで何かしらのエラーが出たときは、エラーの内容をコピペしてググってみましょう。
多くの人が同じエラーで苦しんでいるので、その解決策が提示されている場合があります。

4年生は卒論提出が近づいてまいりました。
提出間際の4年生達には気を使って優しくしてあげましょう。

(文責:古澤)