6月16日の業務報告

こんばんは、知識B3の宍倉です。
本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<履修相談>
Q1:2年次の履修を組まなくてはならなくなったが、どれを取ればよいのか、よくわからない
A1:シラバスを一緒に見ながら、基本的には時間割通りに組めばよいこと、専門基礎科目の選択科目に注意することとアドバイスしました。

<情報検索システム>
Q2:コサイン類似度とベクトル空間モデルについて教えて欲しい.ユークリッド距離とはなにか.計算問題の方法を確認したい.
A2:ユークリッド距離を説明したあと,なぜコサイン類似度を用いるのかの説明を加えて計算方法を確認しました.idfの計算についてlogの中が1だと0になるので全文書に出現する単語のidfは0になるということを,logを用いる効果と合わせて解説しました.実際の内積計算において,クエリベクトルに現れない単語には0を割り振ると計算ミスしにくいとアドバイスしました.
Q3:wilcoxonの検定の方法を教えて欲しい.
A3:スコア差の絶対値を取り昇順に順位付けしたものに符号をつけたものが符号付き順位で,その総和がw値になることを説明しました.そして,検定表を用いて有意水準と比較するということを説明しました.
=======================

春ABモジュールもラストスパートですね.僕は春Cに授業を取っていないので,3ヶ月の長期休みでうきうきです.

一年生の皆さんはプログラミングの演習講義がスタートしますね.僕は大学に入って初めてプログラムを書きました.
この学類にはそういう人も多いと思います.ぜひ苦手意識を持たずに頑張りましょう.
KLCのチューターもみなさんの学習の助けになるよう今後も業務に取り組みたいと思います.

(文責:宍倉)

4月24日の業務報告

こんばんは、知識B3の伊藤です。
本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<情報基礎実習>
Q1:レポートの添削をして欲しい。
A1:それぞれの課題について、以下のようにアドバイスしました
・Google検索の検索結果画面で表示される文書館の英訳に対する参照情報が”Google検索”というのは不適切ではないか。(Google翻訳というWebページの結果が表示されています)
・わかりやすく書け、という問題に対しての答えが不足しているのではないか
・SISTについて調べているので、以降の参照・引用文献はSIST02で示したほうが良い
・課題4について、必須事項以外の事項も挙げられていると指摘
・課題5について、この課題は文書を見つけてその文書がどの例に当てはまるのか考えるところも課題に含まれると思うので、自分で判断してSIST02に沿って記述すると良いのではないか
・課題9について、考察の際には他の情報源を用いても良いと課題にあったため、他の情報源でも検索してみて比較してみると何か考察できるのではないか。1つの情報源の結果だけで信頼できる理由があるか
・課題9について、調べた上での感想だけでなく、具体例も交えるとより良いレポートになるのではないか
・課題10について、撮影「年月日」を示せとあるが、日付まで示されていない
・課題15について、信頼性の根拠が不足している。またはグラフに対しての説明がない
・SIST02の表記が間違っている
・参照、引用文献についての記述がない
・引用の範囲が明確でない
・字下げがされていない

Q2:課題9について、どのようにやればいいのかわからない。
A2:検索した結果などを他の情報源と比較したうえで、それについての考察を書けばいいのではとアドバイスしました。

<専門英語B>
Q3:三編生で英語に長く触れていなかったので、授業についていけない
A3:授業の評価要件などについて、友人などにアドバイスを求めるとどのような内容が求められているのかわかり、なにをすればいのかわかりやすくなるのではないかとアドバイスしました。
追記して、TOEICなどの勉強の際はインターネットなどの情報を参考に、自分の点数に応じた勉強法の載っているサイトを参考にし、参考書などを買えばよいのではないかとアドバイスしました。

<履修相談>
Q4:学芸員科目などを履修する際、必修と被っているがどうすればよいのか
A4:回答者が必修科目と専門基礎科を混同していたので、違いについて説明しました。また、標準履修年次は無視して受けられる場合があるため、授業を受け持つ先生に相談するのが良いのではないかとアドバイスしました。

回答 Q1:鈴木 Q1-Q4:伊藤
=======================

今日もたくさん情報基礎実習の添削をして欲しいという方がいらっしゃいました!
SIST02は引用の要件について示したものです。引用や参照するときはSIST02に従って書いたほうが、自己流の引用よりは良い評価になると思います。
また、SIST02はカンマやピリオドまでしっかりと書き方があるので、SISTのページの例を参考に書くのが一番だと思います。
締切まで残り少ないですが、頑張っていきましょう。

(文責:伊藤)

4月20日の業務報告

こんばんは、知識B3の高橋です。
本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<情報基礎実習>
Q1:第2回レポートについて
・ある文書を探してその書誌事項をSIST02で書けという課題で、この文書はSIST02のどの例に当てはまるのかわからない
・ルート検索をしてその正確性を考察せよという課題で、何を考察すれば良いのかよくわからない
A1:以下のように回答しました。
・この課題は文書を見つけてその文書がどの例に当てはまるのか考えるところも課題に含まれると思うので、自分で判断してSIST02に沿って記述すると良いのではないか
・考察の際には他の情報源を用いても良いと課題にあったため、他の情報源でも検索してみて比較してみると何か考察できるのではないか”

<その他>
Q2:ノートパソコンを購入する予定だが、どのくらいのスペックが必要なのか教えてほしい
A2:昨年の回答(http://klis.tsukuba.ac.jp/lc/20160420/6044)を参考に回答しました。回答者はMacBook Airを使用しているのでその使い勝手についても参考として紹介し、また値段の相場も知りたいとのことだったので簡単な検索結果も一緒に見ました。

<履修相談>
Q3:このまま自分が卒業できるのか確認してほしい(学類3年)
A3:質問者の単位取得状況と今年度の履修登録を確認しました。質問者がTWINS上で「その他」に分類される科目を履修しており、その単位が自由単位としてカウントされるかが分からなかったため、学務に確認することを勧めました。

回答 Q1-2:林,Q3:高橋
=======================

今日で春学期の授業が始まってから一週間がたちました。
1年生の皆さんも大学生活のサイクルに慣れつつある頃かと思います。
これから授業も本格的になっていくと思いますので、寝坊などしないよう規則正しい生活を心がけましょう。
僕も頑張って起きます。

(文責:高橋)

4月19日の業務報告

こんばんは、知識B3の宍倉です。
本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<情報基礎実習>
Q1:レポートの添削をして欲しい
A1:以下の点を指摘しました。
・表の作成の説明は誰が読んでも同様の表が作れるくらい丁寧に書いた方が良い

Q3:レポートの添削をしてほしい
A3:以下の点の説明をしました
・右揃えがない
・行数がまちがっている
・引用文献は分けず,最後にまとめる

Q4:レポートの添削をしてほしい
A4:以下の点の説明をしました
・時間割の作成の説明をもう少し詳しくした方が良い
・どの部分を引用したか明確にするとよい
・インデントを揃える

Q5:レポートの添削をしてほしい
A5:以下の点の説明をしました
・引用の仕方
・どの部分を引用したか明確にするとよい
・インデントを揃える

Q6:レポートの添削をしてほしい
A6:以下の点の説明をしました
・引用の仕方(直接引用,関節引用)
・フォントの違い
・インデントを揃える

Q7:レポートの添削をしてほしい
A7:以下の点の説明をしました
・引用の仕方
・インデントを揃える

<履修相談>
Q2:情報リテラシ実習が総合科目Ⅰであることを知らずに月曜2限に総合科目Ⅰの授業を入れてしまい、総合科目の履修申請期間が終わってしまった。
履修を取り消すことはできないか。
A2:知識情報・図書館学類ではやむを得ない事情がない限り履修の取り消しが不可能なので履修申請した科目は受講する必要があることと、足りない分の総合科目Ⅱは2年次以降に履修しなければならないことを伝えました。

<その他>
Q8:リモートデスクトップで課題ファイルを編集できなかった.自宅で課題をやる方法をおしえてほしい.
A8:”授業以外で大学で課題をやる時間がないということで,以下の方法を教えました
・全学計算機でダウンロードしたファイルをUSBで自宅のPCに移し,その逆で作成したファイルを全学計算機に移し印刷.
・VPN接続し,自宅でファイルをダウンロード,作成しUSBで全学計算機に移し印刷.
・作成したファイルをWinSCPでファイル転送(Windows)
・作成したファイルをSSHでファイル転送

回答 Q1-2:尾澤,Q3-8:宍倉
=======================
 情報基礎実習の添削についてが多いですね.

 また,学外での課題作成の方法についても質問をいただきました.筑波大学ではさまざまな方法で学外から全額計算機にアクセスすることができます.それぞれの方法で適していること,不適なことがあるので自分のやりたいことにあった方法を取れるようにしたいですね.今回いろいろな方法を回答させていただいたので,ぜひ試してみてください.詳細は全額計算機のサイトに載っています.情報系の学生には今後役にたつ方法が多いと思います.

(文責:宍倉)

4月17日の業務報告

こんばんは、B3の伊藤です。

本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<履修相談>
Q1:英語が1年次で4.5単位しか修得しないが、卒業要件では6単位になっている。
A1:全学で開講されている英語は1年次に4.5単位、2年次に1.5単位を履修する前提になっていることを説明しました。

Q2:図書館に興味がないのだが、図書館概論は受講したほうが良いのか。
A2:専門基礎科目の仕組みを説明したうえで、図書館概論は履修上そこまで負担にならないので受講することを勧めました。

<情報基礎実習>
Q3:レポートの添削をして欲しい。
A3:次の点を指摘しました。
・文献リストのうち、どの文献から引用し、どの文献を参考にしたのかが不明確である
・表の作成方法の説明にわかりにくい点がある
・文書装飾について、わかりにくい部分がある(添え字、太字、右揃え)
・引用の方法が不適切である
・説明せよ、という問題についての答えをより詳細にしたほうが良い
・使い方、やり方を説明する際には、「誰が見ても、同じようにできるか」ということを念頭において文章をチェックすると良いのではないか
・表題のデータが間違っている。
・ページ番号が挿入されていない。
・説明が不足している。
・剽窃、引用の違いについて、もっと多くの文献などから調べたほうが良いのではないか。
・段落が下げられていない。
・表記が統一されていない。

Q4:課題レポートの演習3について、フッターにページ番号を付けるだけだが問題文は消した方がよいのか
A4:他の演習問題の問題文は記述されているので、演習3だけ削除する必要はなく、残しておいても良いのではないかとアドバイスしました。

<情報検索システム>
Q5:3年次編入生で、レポートの書式がよくわからないがこの様式で良いのか。
A5:担当する先生が同じである、「自然言語処理」の去年の回答者のレポートを参考に、科目名などを足すと良いのではないかと回答しました。

<その他>
Q6:全学計算機のリモートデスクトップにうまく接続できないが、どこに問い合わせたらよいか
A6:全学計算機の管理は学術情報メディアセンターなので、Webページを案内しました。また、問い合わせをする前に、よくある質問(FAQ)や、リモートデスクトップ接続の説明ページを確認して、どのような状況下をチェックして解決できないかどうかを確かめた方が良いと伝えました。

回答 Q1,2,3,5:伊藤 Q3,4,6:鈴木
=======================

授業が始まって最初の土日が過ぎました。今週からレポートを出し始める人が多いのではないでしょうか。
1年生は最初のレポートがどのように書けば良いのかわからなかったり、履修で困ることがあったりだと思います。
そんなときは、ぜひKLCをよろしくお願いします。

(文責:伊藤)