2月13日の業務報告

こんばんは、B2の長谷川です。
本日は知識情報演習Ⅲの質問がありました。
=======================
1,query_vecの指定が出来ずエラーが出る。
A,飛ばしていたセルについてもう一度確認しました。query_vecについて指示どおりに組むと解決しました。

2,notebook5について実行できない。
A,エラーについて説明しようとした質問者が「出来てる!」と叫んだので質問対応は必要ありませんでした。

3,dictに関するエラーが出る。
A,エラーが型変換に関わるものであることを確認しました。

=======================
CJEも大詰めになってきましたね。私もまだ終わらせていないので頑張らねばいけません。
本音は「図書館の学生らしくlibraryを使いたい!魔法の言葉import gensim!」です。
と言っていても何もならないので書籍紹介です。
高村 大也 . 奥村 学 編. 言語処理のための機械学習入門. コロナ社, 211p., (自然言語処理シリーズ, 1).
(文責:長谷川)

2月9日の業務報告

こんばんは、M2の顧です。
本日は知識情報演習Ⅲの質問がありました。
=======================
<知識情報演習Ⅲ>
Q1:notebook4で、辞書tfidf_scoresにキーと値を与えようとするとエラーが起こる。
A1:辞書の初期化がされていなかったので、その点を指摘しました。

Q2:notebook4で、行列の次元数を数える問題でエラーが出る。
A2:授業で設定されている辞書の定義(内容)と質問者の考える辞書の定義にズレがあるようでしたので、修正するようアドバイスしました。

Q3:notebook4で、検索語と索引後の一致した語のtfidf値を出す問題でエラーが出る。
A3:
・検索語の分割におけるsplitの条件が間違っている(タブ文字ではなく空白文字)
・検索語と索引語による一致判定のif文について、索引語を巡回するfor文と検索語を巡回するfor文の二つを組み合わせていくとうまくいく。
Q1-3:高橋
=======================
(文責:顧)

2月8日の業務報告

こんばんは、B2の瀬谷です。

本日は知識情報演習Ⅲの質問がありました。

=======================
<知識情報演習Ⅲ>
Q1:notebook4で、検索質問のベクトル表現をするためのプログラムでエラーがでてしまう。
A1:forメソッドは、inの後ろに記述した辞書オブジェクト(配列)の各要素を一つずつ、forとinの間に記述した変数に代入して処理するということを説明しました。
また、
dict[key1][key2] = value
と記述することによって、辞書オブジェクトdictに、key1とkey2という二つのキーに対応する値valueを登録することができることを説明しました。

Q2:辞書オブジェクトに新しくキーと値を登録する方法が分からない。
A2:dict[key] = value
と記述することによって、辞書オブジェクトdictに、keyというキーに対応する値valueを登録することができることを説明しました。

Q3:notebook4で、順位付け対象文書の同定をするためのプログラムでエラーがでてしまう。
A3:今回は、辞書オブジェクトtfidf_scoresの二つ目のキーである文書ファイル名を利用したいので、forメソッドを二回続けて利用することを勧めました。

Q1-3:瀬谷
=======================

知識情報演習Ⅲについてですが、かなり授業資料が練られているので、ほぼすべての演習プログラムはその前までに資料内で説明された知識のみで書けるようになっています。
構造が重複しているプログラムも多いため、詰まったら前の処理が似ているプログラムのコードをコピペし、それを少し改変すればうまくいく場合が多々あります。
適宜活用してください。

(文責:瀬谷)

2月6日の業務報告

こんばんは、B2の長谷川です。

本日は知識情報演習IIIの質問がありました。

=======================
<知識情報演習III>
Q1:最終コードにエラーが出る。また、類似度ベクトルについて正解とは異なった値が出る。
A1:定義していないオブジェクトを指定していることを指摘しました。また、ループについて確認しました。

Q1:長谷川
=======================

2月初っ端から自分のシフトを忘れかけていた代表です。
シフトを忘れていた理由の半分はコチラ。
“2^n+7=x^2を満たす整数(n,x)をすべて見つけよ”
参照:王城夕紀. 青の数学. 新潮社, 2016, 319p.

(文責:長谷川)

1月31日の業務報告

こんばんは、B2の瀬谷です。

本日は知識情報演習Ⅲの質問がありました。

=======================
<知識情報演習Ⅲ>
Q1:検索クエリを文書ファイルとしてみなした際の、行をファイル名、列を索引語としたワークフレームが作成できず、エラーがでてしまう。
A1:検索クエリをsplitメソッドを用いて分割する際に間違っていたことが原因のエラーでした。
具体的には、検索クエリ中では半角スペースを用いて検索語が区切られていたのに、splitメソッドで分割する際にタブを区切り文字として設定してしまっていました。今回は半角スペースを区切り文字としたいので、特に区切り文字を指定せずに、「.split()」を用いることを提案しました。

Q1:瀬谷
=======================

辞書オブジェクト(ハッシュ)や配列を使用したプログラムでエラーが出た際は、printメソッドなどを用いてその辞書オブジェクトや配列の中身を確認してみると原因がわかる場合があります。
今週また雪が降るようですが、体調に気を付けて無理しない程度にがんばっていきましょう。

(文責:瀬谷)