12月12日の業務報告

こんにちは
B4の尾澤です。

本日は質問がありませんでした。

12月半ばになりましたね。
秋ABモジュールの科目が終わりに近づいています。
試験やレポートが課されると思うので、余裕をもって取り組みましょう。

(文責:尾澤)

12月11日の業務報告

こんにちは
B3の高橋です。

今日はプログラミング演習の質問が10件ありました。

=======================
<プログラミング演習Ⅱ>
Q1:ペアワーク課題で作ったプログラムについて、うまく説明できない部分があった
A1:空行を判定する正規表現について、/^¥s*$/と書いていたが、/^$/としても出力できることを一緒に調べました

Q2:課題Aについて、問題の意味がわからない点がある
A2:f(k)とf(x)が表記されている、kとxがともに0〜39の値を持つ、という点から、xは誤字ではないかと考えました。また、式(1)に関しては、−1☓λとすることで冪指数に負の値を使えるのではないかと考えました

Q1-2:鈴木
=======================

ペアワーク課題の締め切りが先日だったということで、皆様お疲れ様でした。
私の記憶的にも、1年生ではプロ演のペアワークが一番大変だったように感じます。
今年もあと少しで終わりを迎えますので、ラストスパートを頑張っていきましょう。

(文責:高橋)

12月7日の業務報告

こんにちは
B2の長谷川です。

今日はプログラミング演習の質問が10件ありました。

=======================
<プログラミング演習Ⅱ>
Q1:スペースが出力できない。
A1:splitの使い方を確認しました。

Q2:品詞タグが数えられない。
A2:ループと制御文字の使い方を確認しました。

Q3:正規表現が長すぎてチェックシステムを通らない。
A3:正規表現をif文で分割もしくは配列を使った違う方法を考えることを薦めました。

Q4:自然対数の混じった表記を小数点以下7桁で表記したい。
A4:eを概算値で扱うことを提案しました。

Q5:段落表記についての質問がありました。
A5:正規表現についてアドバイスしました。

Q6:品詞タグを数える際にVBがVBGも含んでしまう。
A6:行末への対応として\Zを紹介しました。

Q7:ディレクトリ処理への変更ができない。
A7:ファイルから読み込むプログラムとしては完成していたのでファイル処理を削除しlineのみの処理に変更することを薦めました。

Q8:ディレクトリ処理へ変更したところエラーが出る。
A8:ファイルから読み込む処理の名残がエラーを起こしていることを指摘しました。

Q9:改行の正規化ができない。
A9:正規表現についてのアドバイスをしました

Q10:品詞が上手く数えられない。
A10:制御構文の使い方について確認しました。

Q1-10:長谷川
=======================

本日はプログラミング演習,金曜日クラスの方の質問が多かったです。
 正規表現は考えるだけで頭がこんがらがりますね。
¥と/の嫌がらせのような表記揺れは歴史を紐解くと理由がわかります。
 
プログラムの話だけでは味気ないので書籍紹介を。
太田紫織. 櫻子さんの足下には死体が埋まっている . 角川書店, 2013.
 所謂、安楽椅子探偵タイプのミステリです。冬の夜長に良いのではないでしょうか?

(文責:長谷川)

12月6日の業務報告

こんばんは、B3の宍倉です。
本日はプログラミング演習Ⅱの質問が7件ありました。

=======================
<プログラミング演習Ⅱ>
Q1:段落数をカウントするためにcountメソッドを使っているが、上手くいかない。
A1:countメソッドは複数の文字だと各々でカウントするので、scanを使い配列の大きさを求めることを提案しました。

Q2:標準入力からファイルを入力する方法が分からない。
A2:標準入力は変数がSTDINになることを確認しました。

Q3:文末に空白が入ってしまう
A3:if文などでマッチングし、そこをgsubなどで消す方法を提案しました。

Q4上手く品詞情報が消えない。
A4:deleteの処理だと関係ないところまで消えてしまうので、正規表現を使って消すことを提案しました。

Q5:読み込んだ行の改行文字を消したい.
A5chomp!メソッドを紹介し,また改行のみの行を削除したくないということでしたので正規表現で条件分岐させる方法を提案しました.

Q6:品詞情報を除いて,元の文章を表示する方法がわからない.
A6:単語を配列に格納していき,joinメソッドを使ってstringクラスにする方法を提案しました.また,改行の情報が失われていたので,改行を直前の単語につける方法を提案しました.

Q7:品詞の回数がうまく数えられない.
A7:繰り返しのブロックの中で別の配列のサイズでさらに繰り返して品詞を数えていたことを指摘しました.また,繰り返しの中で,品詞数を数えるハッシュを初期化していたのでうまく数えられないということを指摘しました.

Q1-4:伊藤 Q5-7:宍倉
=======================

本日はプログラミング演習,金曜日クラスの方の質問が多かったように思います.
ぜひ,他のペアとも話してみてください.やりたい処理をうまく書いているペアがいる
かもしれません.僕も今日見ていて綺麗にかけている人がいて勉強になりました.

僕が1年生の時書いたプログラムをみると読みづらいものですが,最近になってわかりやすいコードを書こうとする姿勢が身についてきたように思います.
みなさんもプログラミング演習の課題で苦手意識をもたずに頑張ってみてください.

週末に思い立って,ルービックキューブを購入し,頑張って2分程度で揃えることができるようになりました.最初は1面を揃えるのがやっとでした.複数の手順(アルゴリズム)がわかっていくと,その部品をつないで6面揃えるのが単純作業になっていきます.
コーディングも一緒だと思います.各手順を書き出し,その手順を実現する部品を組み立てていく.部品は手元になければ使えませんので,やりたいことにあった部品を探し手にいれる必要があります.単純な作業からはじめ,慣れてくるとより複雑なことができると思います.

(文責:尾澤)