11月10日の業務報告

こんばんは,B3の宍倉です。
本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<プログラミング演習I>
Q1:課題のプログラムをどう考えて言ったらいいか教えてください
A1:部分的な機能を積み上げて行くといいとアドバイスし,考えられる実際の方法や関数などを紹介しました.

<プログラミング演習II>
Q2:繰り返しがうまくいかない
A2:イテレータの確認,繰り返しの中の確認をし所々でエラーがあったので修正し解決しました

Q3:プログラムをどう書いていったらいいかわからない
A3:実装して行くにあたって,一つずつ機能を付け足して行くといいとアドバイスし,実際に必要な部品を一緒に考えました.どうやって機能を実装するのかもアドバイスしました.

Q1-3:宍倉
=======================

実装する際,最初から最後まで書こうとしても難しいです.要件を書き出し,いくつかの部品に分けて作って行くといいと思います.

その部品を書いていてうまくいかなければ,さらに小さな部品にしたり,printしたりしてデバグしていきましょう.

難しいことを考えると大変なので,簡単なことを積み上げてくイメージで行けばいいかと思います.

プログラミング演習Iを終えた1年生の皆さんはRubyでは大体どんなデータ構造があって,そのデータ構造を処理する方法があって,制御構造とかファイルの入出力だとか便利なのがあるんだなと知ったところだと思います.IIでは,それらを駆使して自分で部品を作り,それらを組み立てて行く力が要求されます.

一人で頭の中で考えていても困ってしまうこともあるかと思います.書き出す,友達と話して口に出して考えを整理する,KLCのTutorを使うなどするとコツコツと進められますので,利用できるものはなんでも利用してぜひ乗り切ってください.

(文責:宍倉)