教員ビブリオバトル開催

こんにちは、B3の鈴木です。

この度、春日ラーニングコモンズ(KLC)主催のイベントとして、教員ビブリオバトルを開催することになりました。

ビブリオバトルとは、「ビブリオバトラー」と呼ばれる発表者たちが、おもしろいと思う本の魅力を5分間で紹介し合い、「 読みたくなった」と思った聴衆の投票数で勝敗が決まるコミュニケーションゲームです。
「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっています。

教員ビブリオバトルでは、ビブリオバトラーとして4人の先生方が登場し、公式ルールに則って、熱い戦いを繰り広げます。

公式ルール
 1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
 2.順番に一人5分間で本を紹介する.
 3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
 4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

参考:ビブリオバトル首都決戦2013 公式ルール(http://shuto.bibliobattle.jp/biburiobatoru-gong-shiruru)

詳しい予定は以下の通りです。
========================================
日時:7月8日(金)16:00~
場所:図書館情報学図書館1F コミュニティスペース(裏KLC)

内容:知識情報・図書館学類の教員による、ビブリオバトル
・ビブリオバトラー:吉田先生、手塚先生、宇陀先生、池内先生
・司会:逸村先生
========================================

当日会場にお越し頂けない方も、配信でビブリオバトルの様子を見ることが出来ます。
・Ustreamチャンネル KLC_event
 http://www.ustream.tv/channel/fPhXGEVDCM9

また、チャンプ本を決めるための投票は、会場にいる方のみが対象となります。
Ustreamで視聴されている方には、別途アンケートのご協力をお願いする予定です。

時間中は出入り自由なので、ぜひお気軽に足をはこんでください。
お待ちしています。

(文責:鈴木)

7月4日の業務報告

こんばんは、B3の尾澤です。

本日は質問がありませんでした。

今日で春ABのテストが終わりましたね。皆さんお疲れ様でした。
明日からは春Cです。春ABの期末レポートがまだ残っている人も多いと思うので、頑張って終わらせて春Cの授業に臨みましょう。

(文責:尾澤)

7月1日の業務報告

こんばんは、B3の林です。

本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<メディア社会学>
Q1:レポートの添削をしてほしい
A1:読んでいて意味が通っていない部分(非一貫性がある/ないの間違いなど)を指摘しました。
また、文章としてわかりやすく書くための方法(意味の区切りに読点を入れる、話す順番を変える、内容を段落でまとめるなど)
についても指摘しました。

回答 Q1:岩井
=======================

今日から7月です!
今月KLCは、16:30~18:30の2時間、11日まで開室しています(一部例外あり)。
テストが終わって授業も少なくなるかとは思いますが、
課題やレポートに困ったらぜひKLCを活用してみてください。

(文責:林)