6月7日の業務報告

こんばんは、B3の鈴木です。

本日の質問と回答は以下の通りです。

=======================
<情報基礎実習>
Q1:レポートの添削をしてほしい
A1:以下の点を指摘しました。
・誤字・脱字の修正
・文章の意味・繋がりがおかしいところを修正
・1500字以内という条件に対して1000字は少ないので、もう少し具体例を挙げるなどして文を増やした方が良いと提案(提示された条件の8割ぐらいは超えた方が良い)
・演習2の文章がが研究論文の文体になっていない
・演習2では文末のみを書き換えるのではなく、研究論文ではどういった情報が書かれているのかを意識して、文の削除や並び替えも行ったほうがより論文の書き方らしくなるとアドバイス
・演習2で追加した文が、研究論文としての特徴が表れていないような文である。(主婦の意見1つが予約者全員の意見といえるか…?)
・演習3(1)についての説明が不足している
・演習3(2)の文献リストのSIST02が誤っている
・掲載雑誌の巻もしくは号のどちらかの情報が無い場合、情報が無いものは省略して書くことが出来ることを確認

Q2:レポートの問題文の意味がわからない箇所がある
A2:課題テキストを読みながらどういうことが求められているのかを確認しました。

回答 Q1-Q2:鈴木
=======================

レポートの締切り直前という事もあり、情報基礎実習に関する質問が沢山ありました。
特に、「新聞記事の内容を研究論文の文体で書く」という設問への指摘が多かった印象があり、設問1で述べた、研究論文の文体の特徴を生かせてない人も居ました。自分が挙げた特徴に基づいているかどうかを確かめましょう。
また、最後の設問でも文献リストを作るために論文を探すことになるので、その際に中身をよく見て、どのような書き方がなされているかを参考にすると良いと思います。

(文責:鈴木)