1月29日の業務報告

こんばんは、B2の鈴木です。

本日は大学院入試に関しての質問が1件ありました。
=======================
Q1:大学院入試で発表を行うので、日本語にチェックと内容のアドバイスが欲しい。
A1:日本語の文法的におかしい部分を訂正し、研究内容についてコメントしました。また想定される質問なども行いました。

回答 Q1:古澤
=======================

1月も終わり、テスト期間が近づいてきています。
テストが無くてもレポートの提出がある科目も多くあると思います。
今年度最後の成績がいまいちだった…なんてことにならないように余裕を持って取り組みましょう。
レポートの添削はKLCにお任せください。

(文責:鈴木)

第1回コンペ結果発表

こんにちは、知識B2の鈴木です。

報告が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。

KLCで開催していたコンペ企画の第1回「ろごください!」の結果です。
応募してくださった皆さんありがとうございました。

コンペ企画詳細
http://klis.tsukuba.ac.jp/lc/competition/comp1.html

最優秀作品は満場一致で以下のロゴに決定しました。

結果は特設サイトからも見ることが出来ます。

KLCコンペ特設サイト
http://klis.tsukuba.ac.jp/lc/competition/index.html

今回は宣伝不足により応募数は奮いませんでしたが、素晴らしいデザインのロゴ案がいくつもありました。

今後もこのようなコンペを継続して企画する予定です。
興味を持った方は次回開催の際にぜひご参加ください。

(文責:鈴木)

1月28日の業務報告

こんばんは、B2の鈴木です。

本日はプログラミング演習IIの質問が2件ありました。
=======================
<プログラミング演習Ⅱ>
Q1:課題Bについて、作ってはみたものの実行例にある結果とは少し数値が違っている。
A1:計算をしている部分を見てみたところ、指定する変数が間違っている部分があったので、そこを修正すると正しい結果になりました。

Q2:課題Bについて、3つの実行結果のうち、2つ目(μ=0.5、σ^2=0.7)と3つ目(μ=1.0、σ=0.5)だけチェックシステムでエラーが出る。
A2:計算式の部分を確認し、どのタイミングで切り上げを行えば良いかを一緒に考え、式を修正するようアドバイスしました。

回答 Q1:岩井 Q2:鈴木
=======================

課題Bは式をプログラム化するところでつまづく人が多いようです。
符号や()のくくりの場所、小数点以下切り上げのタイミング等、しっかり見直しましょう。
デバックの際にはprint文で逐一値を出力すると、どのように値が変わっていくのかが分かります。

(文責:鈴木)

主専攻相談会2016のお知らせ

こんにちは、B2の鈴木です。

春日ラーニングコモンズ(KLC)では、毎年、主に2年生の主専攻選びのために、
学生による主専攻相談会を開催しています。

今年度の詳しい予定は以下の通りです。
========================================
日時:2月3日(水)15:30-18:00
場所:図書館情報学図書館1F コミュニティスペース(裏KLC)

内容:3年生による主専攻に関する個別相談
   ・現在所属している主専攻について
   ・3年次の授業(専門科目)について
    ‐主専攻実習について
   ・所属している研究室について
   ・インターンシップについて
   ・その他なんでも
========================================

当日は主専攻ごとに分かれて先輩方と自由に会話できます。

主専攻選びに迷っている方はもちろん、希望が決まっている方も、授業や主専攻実習などについて前もって聞くことが出来るチャンスです!
また、主専攻のことが気になる1年生も大歓迎です!!

時間中は出入り自由なのでぜひ気軽に足をはこんでください
お待ちしています

(文責:鈴木)

1月27日の業務報告

こんばんは、B4の榎本です。

本日はプログラミング演習IIの質問が1件ありました。
=======================
<プログラミング演習Ⅱ>
Q1:課題Cについて、include?の条件分岐後にどうすれば良いか分からない。
A1:階層的に表示させるメソッドを定義していたので、条件分岐内で再帰的にメソッドを呼び出す方法を提案しました。再帰呼び出しについては、プログラミング演習Iの第9回テキストに書かれているフィボナッチ数列を元に説明しました。

回答 Q1:榎本
=======================

課題Cはハッシュを引数にして再帰的に実行するとあっさりできます。
再帰呼出しの考え方や例は、プログラミング演習Iのテキストに「応用編」として書かれているので、
興味のある人は読み返してみてはいかがでしょうか。

(文責:榎本)