12月17日の業務報告

こんばんは、B2の鈴木です。

本日はプログラミング演習IIの質問が2件ありました。
=======================
<プログラミング演習Ⅱ>
Q1:プログラムのチェックシステムで、特定の行のコードが長い(文字数制限がある)というエラーが起きるが、メソッドや変数の名前なので短縮すると意味が分かりづらくなり、難しい。どうすれば良いか。
A1:Rubyは基本的に改行によって式の区切りを認識するが、行末にバックスラッシュをつけることによって改行しても式を継続できるという事をアドバイスしました。

Q2:配列.sortや配列.uniqを配列に自己代入した時に、エラーは出ないが警告が出る
A2:警告の意味を確認した後、sort!やuniq!等配列そのものの値を変えることが出来るメソッドがあるという事を一緒に調べ、それぞれの動作と使い分けを確認しました。

回答 Q1-Q2:鈴木
=======================

提出期限直前ということもあり、KLCにあるPCの利用者の中にもプログラミング演習IIの課題に取り組んでいる方が多くみられました。
しかし、デスクまで質問に来てくれる方は少ないです。

自力で調べることもかなり大切な事ですが、ひとりで考えて、調べて、それでも行き詰ったときは遠慮なくチューターに聞きに来てください!
質問そのものの対応はもちろん、調べ方のヒントも教えることが出来ます。

例えば、今回の質問にあったsortと似たようなことができるメソッドにはsort!の他にsort_byがあります。
楽しいRuby第4版でみてみたところ、204ページにその違いについて説明がありました。
やりたいことがあってメソッドを調べた時、その付近(本であれば前後ページ、webであればリンク等)も見てみてください。
知識が増えれば状況に合わせて一番適したものを選ぶことが出来ます。

来週ははじめてのレポート課題(時間制限の中で1人でプログラムを完成させる課題)があります。
次の授業までによく使うメソッド等の復習をしておきましょう。

(文責:鈴木)