12月14日の業務報告

こんばんは、B2の鈴木です。

本日はプログラミングの質問が1件ありました。
=======================
<プログラミング演習Ⅱ>
Q1:課題1(木曜クラス)で平均都市数の算出方法が分からない。
A1:「旅行スケジュール当たりの平均都市数」というのは「1旅行スケジュール内で訪れた都市のユニーク数」を全ての旅行スケジュール分算出した上で、旅行スケジュールの数で割ると解釈しています。例えば、旅行スケジュールが2つあると仮定し、旅行スケジュール1で訪れた都市が成田とフランクフルトで2箇所、旅行スケジュール2で訪れた都市が成田とダラスとアトランタの3箇所だった場合、平均都市数は(2.0+3.0)/2で2.5になります。

回答 Q1:榎本
=======================

プログラミング演習IIの課題提出日が迫っているということで、段々プログラムに関する質問が多くなってきました。
木曜クラス、金曜クラス共に課題プログラムの要件がとても多いです。
課題の要件を一気に満たそうとせず、ひとつずつ、あるいは1つの要件をさらに細分化して考えてみてください。

詰まった時は、最初に書いたフローチャートを見直してみると、全体の流れが分かると思います。
活用できるものはどんどん使いましょう!
(文責:鈴木)