KLC活用事例報告―司書専門試験対策勉強会―

KLC活用事例報告
司書専門試験対策勉強会

LCはこんなふうにも使われていました、という一例です。
図書館司書を目指す有志で、試験対策および試験情報の共有を行うことを目的とした活動を行っていました。

場所:LC拡大スペース(旧院生室)
実施期間:2012年3月から10月
具体的には以下のような日程で実施しました。

    3月(1回) 12日
    4月(3回) 11日、20日、24日
    5月(4回) 2日、16日、23日、30日
    6月(3回) 6日、20日、27日
    7月(2回) 10日、30日
    8月 なし
    9月(2回) 5日、26日
    10月(1回) 24日

実施時間:各回1時間30分~2時間
参加者:2名~7名
活動内容:

  • 過去問を使用した模範解答の作成
    ※問題は公開されているが、回答が公開されていないため
    ① 国会図書館の専門試験過去問(web上に公開されている)平成19年から23年分
    ②国立大学法人等の専門試験過去問(同じく)平成16年から23年分
    を各自回答してきたうえで、答え合わせ&模範解答を作成する。
  • 試験情報の共有
    いつどこで試験があり、何人の募集であるかを共有・整理する
    (よく利用していた情報源:受験ジャーナル、JLAの求人ページ、われわれの館、こむいん)
  • その他:
    持ち物は図書館情報学用語辞典および図書館学資料集と上記過去問としていました。
    でも持参し忘れる人が続出したり、上記の資料のみでは答えが分からない問題もあったので、図書館資料の利用や専門家(先生方)への質問を行うこともありました。

    文責:西野

    11月5日の業務報告

    こんばんは,M1の山本です.

    本日の質問と回答です.
    ================================
    <知識構造化法>
    Q1.授業の課題で,最短スパニングパス法を用いてデンドログラムを作成せよという問題があるが,どのような形のデンドログラムになるかわからない.

    A1.最短スパニングパス法のアルゴリズムについて確認してもらった後,デンドログラムの書き方について説明し,どのような形になるか考えてもらいました.

    (回答:Q1 山本)
    ================================

    (文責:山本)

    研究室相談会の報告

    こんにちは、B3の森川です。
    遅くなりましたが、10月17日(水)に行った研究室相談会について報告いたします。
    ——————————————————————————————————–
    実施日時:10月17日(水) 15:00~16:30 情報経営・図書館主専攻
                  16:30~18:00 知識科学主専攻、知識情報システム主専攻

    実施場所:図書館情報学図書館1F KLC拡張スペース(旧院生室)

    実施形態:ゼミ生による各研究室ごとの個別相談

    参加研究室
    ・情報経営・図書館主専攻
    溝上研、逸村研、原研、松縄研、白井研、石井研、後藤研、呑海研、池内研、吉田研、鈴木(佳)研、大庭研、(辻研)、(松村研)

    ・知識科学主専攻
    岩澤研、三波研、松林研、横山研、真栄城研

    ・知識情報システム主専攻
    佐藤研、辻研、手塚研、宇陀研、森嶋研、鈴木(伸)研、阪口研、関研、松村研
    ——————————————————————————————————–

    当日はたくさんの3年生が研究室相談会に来てくれたおかげで、とても賑わっていました。
    3年生は研究室を決める時期ですが、研究室選びの参考になれば幸いです。
    協力してくださったゼミ生の皆さん、参加してくれた3年生の皆さん、ありがとうございました。

    (文責:森川)