知識科学主専攻 > 知識科学実習

調査と分析実習

  • 調査と分析実習では,前半に質的調査,後半に量的調査を実施し,双方の特徴を理解することをめざす.グループ作業を中心に進めるが,レポートは個人単位で作成.
  • 担当:松林麻実子,照山絢子(以上前半担当),歳森敦,大澤文人(以上後半担当)
月日内容担当教員教室
6/22 5-6限調査サブテーマの設定,仮説構築大澤7A208
6/29 5-6限調査票作成の解説,資料検索大澤7A208
10/5 5-6限データ入力・分析歳森7C103
10/19 5-6限データの分析と発表準備歳森・大澤7C103
10/26 5-6限グループ発表歳森・大澤7A208
  • サブテーマ,設定した作業仮説(群)を6/26 24:00までにmanaba提出

10/5 資料の補足

  • Q3y: Q3で2(持っていない)は8888
  • Q3m: Q3で2(持っていない)は88
  • Q3a5s: Q3a5で0(非所有)は8
  • 単一選択の選択肢で複数回答の場合は赤ペンで×をつけて無回答に

データの修正

  • ID=26, Q4, Q21-Q26 NA->9
  • ID=177, Q4 2.4->9 (単一選択で複数回答)
  • ID=102, 103, 154 Q3b 0.0->8
  • ID=76 Q83 3->1
  • ID=103102, 183 Q84 4->1
  • ID=124 Q3y 9999->8888 Q3m 99->88
  • ID=120 Q3 3->2
  • ID=29, 30, 153 Q3a1,Q3a2,Q3a3,Q3a41,Q3a42,Q3a43,Q3a40,Q3a5 0->8
  • ID=153 Q3a5s 9->8
  • ID=88 Q17 4->1
  • ID=154 Q2a 19->2, ID=155 Q2a 20->3, ID=102 Q2a 20->3, ID=103 Q2a 21->4
  • ID=67, 164 Q2b 9->99
  • ID=102 Q22 9->99
  • ID=111 Q24 空白->2
  • ID=177 Q7 2.4->9

調査の母数(当日の出席者数=配布数)

  • 10/1 量的調査法 99名
  • 10/1 プログラミング演習I-1 58名
  • 10/2 プログラミング演習I-2 58名

提出レポート

  • 最終レポートは個人単位で作成すること
  • 量的な分析については,調査の実施(誰が対象で回収率がどの程度か等),作業仮説,対応する分割表等と検定結果の表,結果を記述・解釈する文章(文章無しではレポートと言えない)
  • 提出:manabaに提出
  • 締切:11月10日(火)17:00

過去のページ 2014年度


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-19 (月) 16:57:32 (2448d)