調査と分析実習

  • 調査と分析実習では,質的調査の一種であるメディア分析と量的調査の双方を同時に行い,双方の特徴と限界を理解することをめざす.
  • 担当:歳森敦,松林麻実子
月日内容担当教員教室
9/17 5限量的調査と質的調査の融合(講義)松林7A208
9/17 6限内容分析の実践(演習)松林7A208
9/24 5・6限グループ分け,質問紙の作成(演習)歳森・松林7A208
9/27-9/30調査の実施
10/1調査結果の入力と集計歳森7C102
10/15クロス集計歳森7C102
10/15自由回答の分析松林7C102
  • 調査実施計画
    月日科目名担当教員教室人数担当備考
    9/27(月)知識情報システム主専攻実習緑川7A20629人中村(204にいきます)、井上、福澤、丹羽(102にいきます)15:05に説明・配布,17:45に3カ所(7C102 13人,7B204 10人,7B206 6人)で別個に回収
    9/28(火)知識情報演習II-17A10274人松崎、工藤9:45に説明・配布,その場で回収
    9/28(火)情報経営・図書館主専攻実習A白井・綿抜7B20610+9西牧、山下15:15に説明・配布,6限終了時に回収
    9/28(火)情報経営・図書館主専攻実習B池内・逸村7C10221木村、森田16:30に説明・配布,6限終了時に回収
    9/28(火)情報経営・図書館主専攻実習C松縄・鈴木7A10515射場、阿部16:30に説明・配布,6限終了時に回収
    9/29(水)知識情報演習II-27A10250人松本、来福9:45に説明・配布,その場で回収
    9/30(木)プログラミング演習I-1時井・松村7C10259人田島9:00に説明・配布,2限終了時に回収
    10/1(金)プログラミング演習I-1時井・松村7C10258人大関、大久保9:00に説明・配布,2限終了時に回収

月曜朝までに教室毎の必要部数+αの調査票を封筒に入れて用意しておくので7D114のドアから各自勝手に持って行くこと.指定時刻の10分前から会場で待機しておくこと.待機中も授業の邪魔にならないよう留意すること.回収用の箱は自分で用意してください.

班分け

仮テーマメンバ
1待遇射場、太田、緒方、福澤、阿部
2意識井上、中村、山下、高山、松本
3業界・業種梶浦、大関、木村、大久保、西牧
4情報源田島、丹羽、諸星、松崎、長谷川、大本
5時期森田、岩崎、工藤、来福、川嶋、立木

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-01 (金) 22:39:43 (4293d)