知識情報演習I(後半)のページ

このページは,知識情報演習I(後半)のページです。
ここは主にテキストの置き場所などに使用します。

  • 担当者
    • 手塚 太郎
      • Webページ
      • Email: tezuka あっと slis.tsukuba.ac.jp
      • 研究室: 研究棟 2F 215 (7D215)
    • 鈴木 伸崇
      • Webページ
      • Email: nsuzuki あっと slis.tsukuba.ac.jp
      • 研究室: 研究棟 2F 204 (7D204)

テキスト

ステップ表題内容備考
1LinuxでRuby編PPT資料(縮小版) ,補助資料(UNIXとemacsの便利な使方)Linux上でRubyプログラムの作成・実行
2SQLite3編SQLite3でデータベース(DB)構築
3DBプログラミング編DBを利用するRubyプログラムの作成・実行
4CGI編(6/5改訂版)RubyでWebサーバプログラミング(CGI)
?補足編書誌レコードDB化補足ステップ3が完成した場合はやらなくてよいです

(注:テキストは各自で印刷などすること.テキストPDFは学内限定です.学外からPDFを閲覧したい場合は,リモートデスクトップまたはVPNをお使いください.)

注意1(Linuxでの日本語入力について): Linuxで日本語入力ができなくなった場合,こちらのFAQの「日本語入力ができなくなった」をご参照ください..mozc を消すには,端末を起動して「rm -rf .mozc」で削除できます. 同様に,.config を消すには「rm -rf .config」としてください.削除後に一旦ログアウトして,再ログインしてください.

注意2(SQLite3の日本語処理について): SQLite3の日本語処理がうまくできない場合があるようです.以下でエラーが出た場合は,日本語の氏名の代わりにアルファベットの氏名をお使いください.

  • ステップ2の演習1,insert into sample1 values(200712101, '筑波太郎'); のように日本語の氏名を insert するとエラーになる
  • ステップ3の演習1-2b,update sample1 set name =’ 寺田寅彦’ where id = 200815901; のような更新でエラーになる

レポート関係(学内限定)

日程

後半回火曜クラス水曜クラス
15/145/15
25/285/29
36/46/5
46/116/12
56/186/19

(注:前半は掲示のとおり4/16,4/17から授業が始まります。 また、春ABの期末試験期間は授業は行いません)

補足資料類

参照資料(Linuxの使い方、SQL演習など)

以下の資料は適宜新版に差し替えることがあります。

Rubyプログラミング参考資料


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-12 (金) 23:55:59 (3d)