教員紹介

情報資源経営主専攻

逸村 裕(教授)
http://www.slis.tsukuba.ac.jp/hitslab/hitswiki/

研究テーマ:学術情報流通、情報利用行動、大学図書館

デジタル化とインターネットの波は大学図書館と学術情報流通に多大な影響を与えています。この影響は学生の情報利用行動から最先端研究までさまざまな局面で確認することができます。大学図書館におけるサービスも例外ではありません。新しい時代にふさわしい新たな学術情報流通基盤を検討しています。


白井 哲哉(教授)主専攻主任、平成25年度 BEST FACULTY MEMBER(社会貢献・学内運営)

研究テーマ:アーカイブズ学、図書館地域資料、日本地方史

16~19世紀日本の地方史と、その基本資料である地誌編さんの歴史について研究しています。また、歴史資料の機能・解釈・調査・整理・保存・活用の歴史と方法について研究しています。現在は、地域の記録や記憶を将来にわたり保存し、活用するための理論と実践上の課題について、アーカイブズ学や博物館学に学びつつ、総合的に考察しようと考えています。
詳しい情報はこちら ↓


辻 泰明 (教授)

研究テーマ:映像メディア、映像アーカイブ、映像コンテンツのインターネット配信

20世紀から21世紀にかけて、映像メディアは、映画からテレビへ、そして、インター
ネットへと発展してきました。その発展の経緯を探ることによって、映像メディアの
特質を研究しています。また、映像アーカイブの現状と課題について、文化、社会、
産業、技術、歴史などの観点からの研究も進めています。更に、ディジタル時代にお
ける映像コンテンツ利活用についての研究にも取り組んでいます。


呑海 沙織(教授)
http://www.slis.tsukuba.ac.jp/~donkai/

研究テーマ:図書館文化史、メディア史、知識情報基盤

図書館の「これから」を考えるための図書館文化史を主たる研究テーマとする。図書館の未来を考えるには、現在の図書館を取り巻く環境や図書館の現状認識だけではなく、図書館に関する歴史的な認識が不可欠である。歴史的時間軸の中で、図書館が文化的・社会的に、どのように進展してきたのか、また、図書館が取り扱う対象でもある情報メディアが、どのように発展してきたのかについて、知識情報基盤の形成という視点から分析する。


平久江 祐司(教授)

研究テーマ:学校図書館経営、学校図書館利用指導、情報リテラシー教育

本研究室では,図書館情報学と教育学の学際的な領域を取り扱う。具体的な研究テーマとしては,学校図書館を効果的・効率的に活用する経営の在り方,情報リテラシーの育成という観点から学校図書館を学習に活用するための図書館利用指導の在り方などに関する研究があげられる。これらの研究テーマにおいては,日本だけでなく米国などの学校図書館活動の先進的な地域との比較研究が重要な研究方法となる。


松本 浩一(教授)

研究テーマ:人文学の資料、資料のデータベース化、中国文献学

人文学分野の研究で扱う資料のデータベース化を行う。分野としては民俗学や歴史学の資料が多いが、昔話や絵本といったテーマを選択する学生もいる。それらの資料をどのように整理してデータベースソフトの中に収めるか、また検索にあたってどのような配慮が必要かなどを論ずる。中国文献学については漢籍資料の分類・目録、あるいは漢籍が論文の中でどのように引用され、利用されているかなどについて探求する。


溝上 智惠子(教授)平成28年度 BEST FACULTY MEMBER(研究)

研究テーマ:大学教育、教育政策、図書館情報学教育

司書や情報専門職は大学教育の場で養成されます。養成に必要な教育体系は国や地域によって異なりますが、専門職を育成するという点においては、大学教育の重要な柱になっています。専門職育成といった点を中心にアメリカやカナダの大学政策や教育内容等について研究をしています。大学の評価や教育プログラムの評価も対象に含めています。


吉田 右子(教授)

研究テーマ:公共図書館論

私の研究関心は、地域社会における公共図書館の存在意義にあります。公共図書館のサービスの歴史的展開についても研究を行っています。図書館を広い射程からとらえるために、文化的多様性、生涯学習、読書活動といった周辺領域を視野に入れながら分析を進めています。


綿抜 豊昭(教授)平成22年度 BEST FACUTY MEMBER(研究)

研究テーマ:図書、文化、歴史

日本の図書について、どのような種類や形態があり、その歴史や文化はどのようなものなのか。また、どのように印刷、出版され、その歴史や文化はどのようなものなのか。また、図書館や個人がどのような図書を、どのように収集したのか、その歴史や文化はどのようなものなのか。また、図書はどのように保存されてきたのか、どのように保存したらよいのか。といった、日本の図書の歴史や文化に関することを研究する。


池内 淳(准教授)

研究テーマ:公共図書館政策、図書館評価、ウェブの計量分析

税金を使って設置・運営されている公共図書館が、世の中にどれだけあることが望ましいのかについて様々な観点から研究をしています。また、図書館を評価するための方法について考えたり、ウェブの量・構造・内容などの変化について調査しています。


石井 夏生利(准教授)平成24年度 BEST FACULTY MEMBER(研究)
http://kabochan.info/

研究テーマ:プライバシー、個人情報保護、情報法

プライバシー・個人情報保護法を中心に、情報の取扱いをめぐる法的諸問題を比較法的に研究しています。また、法分野を横断的に捉える観点、新い動きへの注目、国際的な動向に配慮しつつ、情報法の体系化を目指して研究しています。


鈴木 佳苗(准教授)

研究テーマ:児童青少年の読書、メディア使用の影響、メディア教育

今日、メディアは児童青少年の生活に浸透しており、その影響を理解し、有効に利用していくことが課題となっている。このような状況をふまえて、児童青少年に対する読書、テレビ、テレビゲーム、インターネット利用の対人的・心理的影響、学力への影響を研究している。最近の研究テーマとしては、学校・地域での読書活動の実践とその影響、日常的なメディア利用とその影響、メディアを利用した体験学習の実践とその効果などがある。
詳しい情報はこちら ↓


田村 肇(准教授)

研究テーマ:経済分析、統計学、コンピュータによるシミュレーション

知識にまつわる現象、図書館情報現象、社会現象を、主に経済学的視点から、データを用いて統計的に分析するということを行っています。また、コンピュータによるシミュレーションも行います。さらに、これらの分析に必要となるツール(分析ツール)を作成するためのプログラミングも行っています。また、最近は、知識の生産、蓄積、利用を支援するためのソフトウェアの作成にも興味を持っており、そのための研究も行っています。


村井 麻衣子(准教授)

研究テーマ:知的財産法、著作権法

著作権法を中心に、特許法、商標法、不正競争防止法などの知的財産法について、法学的なアプローチから研究を行います。知的財産法は、本来自由にできるはずの情報の利用を法的に禁止することから、情報の保護と利用のバランスをいかにとっていくかということが重要とされます。裁判例の研究や、条文の解釈などを通じて、こういったバランスをとるためにはどのように法律が適用されるべきか、望ましい制度はどのようにあるべきかということについて検討を行います。


LO, Patrick(准教授)

研究テーマ:国際比較図書館学、音楽図書館学、図書館アウトリーチおよびPR

私が、興味を持っていることは、東アジアにおける学校での学習方法の比較です。学術的なことや、図書館についての比較に、特に興味があります。私はまた、学校の専門性と音楽に関する研究にも興味を持っています。他には、図書館による支援活動や、デジタル時代の広報活動にも興味があります。


大庭 一郎(講師)平成21年度 BEST FACUTY MEMBER(教育)

研究テーマ:情報サービス(レファレンスサービス)、公共図書館論、図書館職員

図書館(主に、公共図書館、学校図書館、大学図書館)を対象として、図書館の情報サービスのあり方や、図書館の情報サービスを担う人材のあり方について研究しています。卒業研究では、学生の問題意識や関心領域を出発点としながら、(1)図書館における各種のサービス、(2)図書館における情報サービス、(3)学校教育と生涯学習における各種の読書活動、(4)図書館職員の養成(教育・研修)、等の領域の研究が進められています。


小泉 公乃(助教)

研究テーマ:図書館の経営戦略,パブリックガバナンスと公共図書館,図書館のコレクション構築・評価

知識・情報資源や技術・メディアをどのようにマネジメントし市民に対して提供するのか,またそれらを通し現代社会の様々な課題をどのように解決していくのかについて,(1) 国 (政策・制度),(2)コミュニティあるいは組織・機関(経営,戦略,組織,マーケティング),(3)個人(情報行動等)の3つのレベルを切り口に,マネジメントあるいはガバナンスという観点から研究を進めていきたいと考えています。また,知識・情報資源の中核となる図書館のコレクション構築・評価にも関心があります。


原 淳之(助教)

研究テーマ:ヨーロッパの図書館、図書館文化史、図書館の国際比較

研究テーマは近現代ヨーロッパ(英、独)の図書館。19世紀のイギリスは産業革命を経て社会の大きな変化を経験した。出版が盛んになり、本を読む人が増えた。この時期に公立図書館は誕生する。その過程を調べる。現代については日本とドイツの図書館を比較する。連邦制度を採用するドイツでは図書館の政策やサービスのあり方に日本とは違いがある。さらに比較するためには、明治以降の日本における図書館の歴史の探究も大切である。


ページ先頭へ戻る