長谷川 秀彦

卒業研究指導方針(長谷川秀彦)

2020年度 卒業研究指導方針

氏 名:長谷川 秀彦
所 属:知識科学主専攻
研究室:7D211号室

指導可能な研究領域

科学技術計算に関連がありそうな内容、たとえば

(A)計算の実行:データサイエンス・データマイニング・可視化・数値シミュレーション
(B)計算を便利にするツールの作成と活用
(C)計算に関連した種々雑多なこと(なんでもいいってことだ)

研究指導の概要

テーマについては臨機応変に決め、各自で到達目標を決めて実行してもらう(食い逃げは許さない!)

・データマイニング(データとアルゴリズムのマッチングなど)
・データサイエンス(機械学習の応用、データベースの分析など)
・高性能計算(GPUコンピューティング・クラウドコンピューティングとか)
・高精度計算など

研究をすすめる上で望ましい条件

一に体力、二に気力、三四がなくて、五にふつうの知力

受け入れの必須条件

(1)から(3)の覚悟があること:

(1)新しいことを知る
(2)システムを作る、またはコンピュータを使って試行錯誤をする
(3)文房具としてパソコン・ソフトウェアツールを使う

・エントリー前に話を聞くこと( Tennessee 州 Knoxville 在住なので、Zoom ででもお話しましょう)

選考方法

受入可能人数をこえたことはない

その他

学生相互で相談できることが必要なので「一人」は望ましくない

ページ先頭へ戻る