創基100周年

(2019.04.01)

日本の図書館職員養成は、1919(大正8)年に文部省の乗杉嘉壽が「圖書館員を專門的に養成すべしといふ事」を建議し、1921(大正10)年に設置された文部省図書館員教習所が起源であり、現在の筑波大学情報学群 知識情報・図書館学類へと継承されてきました。2019(平成31)年4月1日、知識情報・図書館学類は、設置12周年・創基100周年を迎えました。

[参考] 乗杉嘉壽.圖書館講習所創立當時を偲びて.圖書館雑誌.1931.6,vol.25,no.6,p.201-203.

[ 記事一覧ページはこちら ]